ガイナスの審判

作者 宮島荘永

[ミステリー]

7

615

0件のファンレター

ガイナス王が支配する国。王宮内で執り行われていた儀式の最中、巫女のアラメラが不可解な死を遂げる。死因は毒物によるものと判明し、アラメラが死の直前に口にした聖水からも同種の毒が検出された。だが、聖水は儀式当日の朝に汲まれた湧き水で、その時点では何ら問題ないことが確かめられた後、壺に封じ、清めの間と呼ばれる一種の密室状態の部屋にて保管されていた。毒を混入できる者はいない状況だったが、この事件に対するガイナス王の審判は?

目次

完結 全3話

2021年01月16日 12:00 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

ガイナスの審判

宮島荘永  easaka-miyaei

執筆状況
完結
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
ミステリ, 密室, トリック, 毒殺, 探偵, 推理
総文字数
12,729文字
公開日
2021年01月13日 22:45
最終更新日
2021年01月16日 12:00
ファンレター数
0