現実フィルタリング

[ファンタジー]

2

572

0件のファンレター

 お客様、ご自身が見たくないものや他人に見せたくないものはございませんか? 簡単に言うと、ネットのフィルタリング機能を現実でも使えるようになりたいと思ったことはございませんか。
 当店ではそれができます。
 さあさあ、ご興味がありましたらぜひお立ち寄りください。何かの力になれるかもしれません。

登場人物

店員さん

性別、女性。

年齢、声から判断すると二十代。

身長、座っているので不明。

誕生日、そんな情報いります?

キャラから一言

「私の個人情報? そんなもの知ってどうするんです?」

副店長

性別、男性。

年齢、二十代後半。

身長、170㎝前半。

誕生日、双子なので、二人ぶん祝ってくれるなら教えます。

キャラから一言「そもそも怪しすぎて、お客さん来ないと思うんだけどな。……ねぇ、店長聞いてる?」

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

現実フィルタリング

佐藤くろこ  azemiya24

執筆状況
連載中
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
怪招者, オリジナル
総文字数
1,645文字
公開日
2018年10月16日 23:26
最終更新日
2019年12月16日 09:00
ファンレター数
0