黄金の檻の高貴な囚人

作者 せりもも

[歴史]

7

2,520

0件のファンレター

短編集。ナポレオンの息子、ライヒシュタット公フランツを囲む人々の、群像劇。

ナポレオンと、敗戦国オーストリアの皇女マリー・ルイーゼの間に生まれたフランツ。彼は、父ナポレオンが没落すると、母の実家であるハプスブルク宮廷に引き取られた。やがて母とも引き離され、一人、ウィーンに幽閉される。

仇敵ナポレオンの息子(だが彼は、オーストリア皇帝の孫だった)に戸惑う周囲の人々。父への敵意から、懸命に自我を守ろうとする幼いフランツ。しかしオーストリアには敵ばかりではなかった……。
ナポレオンの絶頂期からウィーン3月革命までを描く。







※表紙画像
Sara Biljana Gaon (off) "Caged Bird"
https://www.flickr.com/photos/sarabiljana/25482708874

※断りのない画像は、全て、wikiからのパブリック・ドメイン作品です

目次

完結 全42話

2021年09月11日 09:00 更新

  1. カール大公の恋

  2. 1 1805年―屈辱2021年08月03日
  3. 2 回想・タンプル塔を出て12021年07月16日
  4. 3 回想・タンプル塔を出て22021年07月16日
  5. 4 アスペルンの勝者2021年07月17日
  6. 5 最愛のジョイア2021年07月18日
  7. もう一人の売られた花嫁

  8. 1 フランス語しか話さない子ども2021年07月08日
  9. 2 ナポレオンからの贈り物2021年07月08日
  10. 3 サイコロの目2021年07月19日
  11. 4 売られた花嫁の死2021年07月08日
  12. アルプスに咲いた花

  13. 1 高山植物2021年07月09日
  14. 2 出会い2021年07月29日
  15. 3 貴賤婚2021年07月29日
  16. 4 幸福と有頂天2021年07月31日
  17. 片目の将軍

  18. 1 覚醒2021年08月04日
  19. 2 レディー・キラーの後悔2021年07月29日
  20. 3 レディー・キラーの贖罪2021年07月13日
  21. 4 皇帝への遺書2021年08月07日
  22. 『ドン・カルロス』異聞

  23. 1 2021年08月10日
  24. 2 2021年08月09日
  25. 3 2021年07月13日
  26. 4 2021年08月11日
  27. 5 2021年08月12日
  28. 6 2021年07月13日
  29. 7 2021年08月14日
  30. 叶えられなかった約束

  31. 1 幼い恋心2021年08月09日
  32. 2 プロテスタントの妻2021年08月20日
  33. 3 雪のシェーンブルン2021年08月09日
  34. 4 軍務への希望2021年08月18日
  35. 5 然るべき時の流れと必然2021年08月13日
  36. 夏の雷鳴

  37. 1832年7月22日未明2021年07月14日
  38. 二つの貴賤婚

  39. 1 パルマの醜聞2021年08月24日
  40. 2 フランツとゾフィー大公妃の……2021年08月24日
  41. 3 スウィート・フランツェン2021年08月28日
  42. 画家からの手紙

  43. 1 2021年07月14日
  44. 2 2021年08月30日
  45. 3 2021年07月14日
  46. 1848年ウィーン革命

  47. 1 亡命2021年07月17日
  48. 2 愛娘の結婚2021年09月04日
  49. 3 入れ違い2021年09月04日
  50. 4 蜂起2021年09月04日
  51. 5 メッテルニヒの退陣2021年09月04日
  52. 6 鎮圧2021年09月11日

登場人物

カール大公

1771.9.5 - 1847.4.30

(カール大公の恋)


ライヒシュタット公の母方の大叔父。1796年の革命戦争では、ジュールダン麾下サンブル=エ=ムーズ軍、モロー麾下ライン・モーゼル軍と戦い、両軍を分断させ、勝利を収める。1809年のナポレオン軍との戦い(対オーストリア戦)の後は軍務を退き、軍事論の著述に専念する。

レオポルディーネ

 1797.1.22 ‐ 1826.12.11

(もう一人の売られた花嫁)


ライヒシュタット公の母方の叔母。皇帝フランツの娘。ポルトガル王太子ペドロと結婚する。ナポレオンの侵攻を受け、ポルトガル王室は当時、植民地のブラジルへ避難していた。ペドロとの結婚の為、レオポルディーネも、ブラジルへ渡る。

ヨーハン大公

1782.1.20 - 1859.5.11

(アルプスに咲いた花)


ライヒシュタット公の大叔父。皇帝フランツ、カール大公の弟。兄のカールに憧れ、軍人となる。

アダム・ナイペルク

1775.4.8 - 1829.2.22

(片目の将軍)


オーストリアの軍人。フランス革命戦争で赴いたオランダで片目を失う怪我を負うも、捕虜交換の形で帰国した。

ドン・カルロス

1787.初演

(「ドン・カルロス」異聞)


シラー(シルレル)の『ドン・カルロス』は、ライヒシュタット公の愛読書だった。

チャットノベルもございます

「ドン・カルロス」異聞

マリア・テレサ

 1816.7.31 - 1867.8.8

(叶えられなかった約束)


カール大公の長女。

マリー・ルイーゼ

1791.12.12 - 1847.12.17

(2つの貴賤婚)


ライヒシュタット公の母。ナポレオンの二人目の妻、かつてのフランス皇妃。ウィーン会議でパルマに領土を貰い、5歳になる直前の息子を置いて旅立っていった。以後、全部で8回しか帰ってこなかった(最後の1回は、彼が公的に死の宣告をされた後)。

エドゥアルド・グルク

1801.11.17– 1841.3.31

(画家からの手紙)


ウィーンの宮廷画家。メッテルニヒに見いだされ、採用された。グルクの死から約170年後、彼が描いた絵が、モル男爵の屋敷で発見された。モル男爵は、かつてライヒシュタット公の補佐官で、その死の床に最後まで付き添った。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

黄金の檻の高貴な囚人

せりもも  spielen

執筆状況
完結
エピソード
42話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
ナポレオン, 歴史, 家族, 一族, ハプスブルク家, 革命, 西洋史, 恋愛要素, 史実, 短編集
総文字数
109,774文字
公開日
2021年07月07日 13:09
最終更新日
2021年09月11日 09:00
ファンレター数
0