贖罪の屍者

[ファンタジー]

31

1,026

2件のファンレター

 今を隔てること、永劫の彼方。
 十種の人類が神々の庇護のもと、共に生きる”白銀時代”の真っただ中が舞台のハイ・ファンタジーです。

 屍霊術師の女、パペッタに魂を抜かれ、その魂を他人の腐乱死体に押し込められた「俺」。
 自分が何者なのか、どうしてそんな目に遭わなくてはならないのか。
 一切が謎に包まれたまま、「俺」は山中の荒れ果てた墓地に放り出され、「因業(カルマ)」の呼ぶ方へと彷徨い始めます。
 屍霊術師パペッタは、それを「俺」の「贖罪の旅」だと言うのですが……。

 「俺」の罪と、課せられた「贖罪」とは?
 その果てに「俺」を待ち受けているものは? 

 転生ものではない地味な異世界ファンタジーですが、少しでもお楽しみ頂ければ幸いです。
 よろしくお願い致します。
 
 なお、作中に登場する”聖ユーデット”/”死の太母(マーテル・マカブレス)”につきましては、ご興味があれば『死の太母の物語』をご参照下さい。

 ※登場人物紹介のアイコンは、一部を除いてかなり無理やりなので、
  順次差し替えていく可能性があります。ご了承下さい。
 ※更新は、日々少しずつ重ねてまいります。
 ※本作はエブリスタさまにも掲載されております。

目次

完結 全51話

2020年05月24日 00:06 更新

  1. 一.はじまり2020年05月17日
  2. 二.花街の少女 一2020年05月16日
  3. 二.花街の少女 二2020年05月16日
  4. 二.花街の少女 三2020年05月16日
  5. 二.花街の少女 四2020年05月16日
  6. 二.花街の少女 五2020年05月17日
  7. 二.花街の少女 六2020年05月17日
  8. 二.花街の少女 七2020年05月17日
  9. 二.花街の少女 八2020年05月17日
  10. 二.花街の少女 九2020年05月17日
  11. 二.花街の少女 十2020年05月17日
  12. 二.花街の少女 十一2020年05月18日
  13. 二.花街の少女 十二2020年05月18日
  14. 三.戦禍の記憶 一2020年05月18日
  15. 三.戦禍の記憶 二2020年05月18日
  16. 三.戦禍の記憶 三2020年05月18日
  17. 三.戦禍の記憶 四2020年05月19日
  18. 三.戦禍の記憶 五2020年05月19日
  19. 三.戦禍の記憶 六2020年05月19日
  20. 三.戦禍の記憶 七2020年05月19日
  21. 三.戦禍の記憶 八2020年05月20日
  22. 四.審問 一2020年05月20日
  23. 四.審問 二2020年05月20日
  24. 四.審問 三2020年05月20日
  25. 四.審問 四2020年05月21日
  26. 四.審問 五2020年05月21日
  27. 四.審問 六2020年05月21日
  28. 四.審問 七2020年05月21日
  29. 四.審問 八2020年05月21日
  30. 四.審問 九2020年05月21日
  31. 四.審問 十2020年05月22日
  32. 四.審問 十一2020年05月22日
  33. 四.審問 十二2020年05月22日
  34. 四.審問 十三2020年05月22日
  35. 四.審問 十四2020年05月22日
  36. 四.審問 十五2020年05月22日
  37. 四.審問 十六2020年05月22日
  38. 四.審問 十七2020年05月22日
  39. 五.贖罪の行方 一2020年05月22日
  40. 五.贖罪の行方 二2020年05月22日
  41. 五.贖罪の行方 三2020年05月22日
  42. 五.贖罪の行方 四2020年05月23日
  43. 五.贖罪の行方 五2020年05月23日
  44. 五.贖罪の行方 六2020年05月23日
  45. 五.贖罪の行方 七2020年05月23日
  46. 五.贖罪の行方 八2020年05月23日
  47. 五.贖罪の行方 九2020年05月23日
  48. 五.贖罪の行方 十2020年05月23日
  49. 五.贖罪の行方 十一2020年05月24日
  50. 六.おわり ――次のはじまりへ――2020年05月24日
  51. おわりに2020年05月23日

登場人物

「俺」


”女屍霊術師《ネクロロジスト》”パペッタに魂を抉り抜かれ、他人の腐乱死体に押し込められ、動く死体の”屍者《エシッタ》”にされた男。

ほぼ全ての記憶を封印《ロック》されており、自分が何者なのか、どうして屍者にされたのか、分からないままに贖罪の旅へと送り出される。

女屍霊術師《ネクロロジスト》パペッタ


「俺」を動く死体の”屍者《エシッタ》”に仕立て上げ、”贖罪の旅”を強要する謎の女。

アリオストポリにあるという久遠庵《カーサ・アンフィニ》という店の主人でもある。

何故「俺」に贖罪を科したのか、その狙いは何なのか、「俺」に心当たりはない。

マイスタ


地方都市ルディアの歓楽街、通称”花街”に住む、気のいい老人。

人懐っこく誰にでも親切な老人で、誰からも頼られる存在。

歩く死体の「俺」に対しても親身に世話を焼く。

ただし、「俺」が”屍者(エシッタ)”だとは気付いていない模様。

ユディート=ユーデット=サイラ(Illus.紅音こと乃さま)


”死の女神モリオール”の小神格”死の太母(マーテル・マカブレス)”に仕える聖騎士の少女。

身分は”ユーデット聖廟騎士団筆頭従士(プライメット・エスクワイヤ)”。

見た目は十六、七の少女だが、人間ではなく”樹精人(アルボリ・アールヴ)”のため、実際の年齢は不明。

小神である”死の太母”の直系の子孫。武芸も祭文(魔術)の腕も、これ以上ないほどに確か。

捉えどころなく映りつつも、時には年頃の少女らしい一面も覗く。

武器は、背中に背負った弓ノコギリ”神鋸:年代記(クロニクル)”。死の太母から代々受け継がれている。

リベカ=ヴィラフランカ=ハーネマン


ルディアの花街に診療室を構える女医。

表と裏から娼婦たちの健康を守る、花街に欠かせない人物の一人。

赤い髪を清潔に結い上げ、しっとりと落ち着いた、眼鏡の美女。

ユディートとは姉妹のように仲がいい。

実は既婚者だが……。

エステル=マイリンク


マイスタが花街に所有する施設”別館 白鷺庵《アネクサム カーサ・アルデア》”に身を寄せる少女。

身分的には娼婦として、白鷺庵の中に個室を持つ。

不幸な経緯から娼婦となったが、実質マイスタの庇護下にあり、彼女の客はごくごく限られる。

ある不自由を抱える薄幸の少女でもあるが……。

ホセア=アンフォラ


ケルヌンノス地方の最大商家、アンフォラ商会の現在の会頭。

かつてはマイリンク商会の傘下にあったが、その没落とともに、屋台骨を乗っ取った。

小心で傲慢。エステルにご執心だが、マイスタが彼女には頑として会わせない。

ユディートを内心ひどく恐れている。

カイファ=ミザール


ケルヌンノス地方の有力な商家、ミザール商会の幹部。

まだ年若いが才覚を認められ、幾つかの商流(流通ルート)の采配を任されている。

ミザール商会もかつてはマイリンク商会の傘下にあった。

しかしその没落後も、マイリンク商会の姿勢を受け継ぐ、気骨のある豪商として知られる。

エステルとは恋仲にあり、マイスタが認めた「客」として、「娼婦」のエステルと逢瀬を重ねる。

ファンレター

気が付いたら屍者

このシチュエーションは、私が主人公ならパニくります。だがしかし、此方の主人公「名無し」君は、妙に落ち着き払ってます。困惑しつつも、状況分析をしつつ、冷静に「冒険者」から逃れ、目的の場所へ向かうです。目的は「体を取り戻す事」そのための贖罪とは? 魔法ベースの異世界を舞台に、繰り広げられる、ちょっと変わった冒険活劇。読んで損はないです。 一人称文で、淡々と綴られますが、この名無し君、妙に冷めてるのもまた良い。

続きが読みたいです!

続きが楽しみです。頑張ってください!(≧∀≦)

小説情報

執筆状況
完結
エピソード
51話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
剣と魔法, オリジナル, 屍人使い, 白銀時代, ゾンビ, 贖罪, アールヴ/エルフ, 娼婦, 死の女神, 女聖騎士
総文字数
226,788文字
公開日
2020年05月14日 16:00
最終更新日
2020年05月24日 00:06
ファンレター数
2