一般小説作品詳細

晴れの日!

29|現代ドラマ・社会派|完結|1話|5,000文字

【お仕事小説】, 〈完結〉, ウェディング, ブライダル, 司会, 新郎新婦, 短編

865 views

新郎新婦の幸せタイムの進行役、ウェディング司会。
いまは「披露宴」より「ウェディングパーティー」という呼び方が多くなりましたが、
今回は字数の関係で「披露宴」に統一しました。
打ち合わせの様子、本番の緊張感。
ウェディング・シーンならではの、ドラマ。
少しでも共感していただければ幸いです。

もくじ

登場人物紹介

ウェディング司会の[東条まどか]と申します。シーンに相応しい的確なコメント選びに定評がある……そうです。ありがとうございます。

いつも事務所のマネージャーや先輩たちに叱られていますが、じつはみんな仲がよく、チームワークもバッチリです。お世話になっているホテルのキャプテンたちも、皆さんとってもいい方ばかりなんですよ。

宴会進行責任者です。作中で、[キャプテン]と呼ばれていますが、「支配人」「チーフ」など、ホテルによって異なります。

今回の私の役割は、「宴会の総監督」とご理解いただければ幸いです。

これからご結婚予定の方、ぜひ当ホテルのブライダルフェアにお越しください。お待ちしております。

[音響]の担当者です。名前は……また、いつか。

機械をいじるのが好きで、音楽が好きです。学生時代はアコギやってました……って、そんなこと、どうでもいいか。すみません。

ウェディング当日、CDやDVDをサプライズで持ち込むゲストが多いんですけど、できれば2週間前にはホテルまで届けてもらえると助かります……僕が。

[新郎]です。打ち合わせ中、ずっとふて腐れた態度をとってました。……彼女に、親の言いなりだと思われたくなくて、でも、親に対して完全には逆らえなくて、イライラして、意固地になりすぎちゃいました。

彼女のこと?  ええ、大好きです。もちろん大事にします。ほんと、いろいろすみませんでした。

[新婦]です。新郎のことを、いつもタカちゃんって呼んでます。タカちゃん、ずーっと怒ってましたけど、私、わかってますから、タカちゃんのこと。ちゃんと。

お父さんやお母さんのことが大好きで、心の中ではいつも感謝してる……ってことも。

だから今回は、お母さんと一緒に「サプライズ」しちゃいました。ふふ♪

……あ、音響さん。当日持ち込みしちゃって、ごめんなさいっ!

小説情報

晴れの日!

jinkshon

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
【お仕事小説】, 〈完結〉, ウェディング, ブライダル, 司会, 新郎新婦, 短編
総文字数
5,000文字
公開日
2019年06月19日 16:47
最終更新日
2019年06月25日 22:30
応援コメント数
2

応援コメント一覧

いいお仕事の現場です

ウェディングだから、忌み言葉は使わない。 冷静に「新郎新婦」の味方でいることという基本からぶれないで、司会者として空気の悪い打ち合わせも、打ち合わせになかったサプライズから始まる披露宴当日ものりきる。 司会者として当たり前なのかもしれないけど、すごいです。読んでいるこちらは、大丈夫なのかよう…とはらはらドキドキ。 サプライズを生かす司会者の言葉もよかったと思うのですが、司会者の対話力のベースとなる心のほっこり感と、無理せずだんだんと相手の言葉を引き出す力に、いいお仕事の現場をみせてもらった ... 続きを見る

色々な寿の晴れの日を読みたくなります

ウェディング業界のお話は色々なお客様の人生を垣間見えるのが楽しいですね。ウェディングプランナーではなく司会者が主役、というのが新鮮でした。 音響さんの登場人物紹介がとても面白くてクスっとしてしまいました。

作者プロフ

jinkshon

平日は小説を書き、週末は派遣業に勤しむ日々。
柴犬を、こよなく愛している。
「お仕事小説」「ごはん小説」のご依頼、
短い首を限界まで伸ばして、お待ち申し上げます。

この作者の他の作品

小説

51|現代ドラマ・社会派|連載中|6話|24,600文字

2019年07月20日 11:09 更新

ウェディング, 司会, 女性, 三十代, チームワーク, 成長物語, 連載, ブライダル, 結婚式

個性派女性司会者たちの、ウェディング業界ストーリー! ****************** 宴会場のサービス係をクビになった三十歳・松乃美咲。 プロフェッショナルなウェディング司会者・在原泉と出会ったことから、...

小説

29|現代ドラマ・社会派|完結|1話|5,000文字

2019年06月25日 22:30 更新

【お仕事小説】, 〈完結〉, ウェディング, ブライダル, 司会, 新郎新婦, 短編

新郎新婦の幸せタイムの進行役、ウェディング司会。 いまは「披露宴」より「ウェディングパーティー」という呼び方が多くなりましたが、 今回は字数の関係で「披露宴」に統一しました。 打ち合わせの様子、本番の緊張感。...

TOP