一般小説作品詳細

眩しい朝陽

14|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,990文字

仕事, 家族, 娘, 生活, 【嘘】, 短編, 大切なもの

306 views

仕事に明け暮れていた40歳男。
妻と娘は八年前に出て行き、空しい毎日を過ごしていた。
そこへ現れた、娘と一文字違いの名前を持つ少女。
明け方まで一緒にいて見えてきたものは――――。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

眩しい朝陽

  hiiragi9

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
仕事, 家族, 娘, 生活, 【嘘】, 短編, 大切なもの
総文字数
4,990文字
公開日
2019年09月13日 11:25
最終更新日
2019年09月18日 09:01
応援コメント数
2

応援コメント一覧

危険な香りかと思えば・・・・・・。

 四十の男と女子高生という組み合わせでしたが、危険な感じというよりも束の間の癒し、一筋の光が差し込んでうっすら明るくなったような作品ですね。苦みの中に仄かな甘さがあるいい作品です。

家族

8年も妻・娘と別居。 仕事だけの目的の無い、暗くて先の見えない生活。  夜遅く、電車を降りたが、疲労困憊、ベンチで眠りこけ、娘が姿を変えて夢に出てきたのか。 その娘と一緒に朝陽を浴びたら、自分で自分に「嘘」をついていたのに気が付いた。 三人一緒に暮らすのが真実の家族だということに、ようやく気が付いた。 ディズニーのアニメのようなファンタジック・ストーリー。

作者プロフ

  hiiragi9

柊(ひいらぎ)と申します。
恋愛ものや現代ドラマ等を描いております。

カドカワビーズログ文庫「マイペースな君」


アメブロ
https://ameblo.jp/2hiiragi9/

Twitter
https://twitter.com/9hiiragi

この作者の他の作品

小説

13|ホラー|完結|1話|4,843文字

2019年10月16日 12:17 更新

【いしかわデイズ】, 金沢, 加賀指ぬき, ひがし茶屋街, 短編, 恋愛, 兼六園, 主計茶屋街, ホラー, 多重人格

彼との想い出の街、金沢。 私の薬指には、知らぬ間に加賀指ぬきが……。 きっとあなたが私へと贈ってくれた物なのでしょう。 ねぇ、逢いにきて。

小説

11|恋愛・ラブコメ|完結|1話|5,552文字

2019年10月03日 12:00 更新

ハロウィン, 大学生, 仮装, 短編, 甘い

Halloweenの季節は恋の季節 Trick or Treat! 血濡れのメイドにオオカミ・羊 仮装をして出かけた街はたくさんの人で溢れかえっていた はぐれそうになり繋がった手 悔しいけれど心も繋がった

小説

19|恋愛・ラブコメ|完結|1話|4,798文字

2019年09月21日 10:00 更新

【ズーカラデル】, 雨, 短編, 生活, 距離

イベント会場で出会った彼は、「こんなに好きになるなんて」と悲しげに瞳を潤ませた。 初めて会ったときから好きだった。 スニーカーに沁み込む雨が、彼の涙のようだった。

小説

14|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,990文字

2019年09月18日 09:01 更新

仕事, 家族, 娘, 生活, 【嘘】, 短編, 大切なもの

仕事に明け暮れていた40歳男。 妻と娘は八年前に出て行き、空しい毎日を過ごしていた。 そこへ現れた、娘と一文字違いの名前を持つ少女。 明け方まで一緒にいて見えてきたものは――――。

小説

70|恋愛・ラブコメ|完結|29話|98,643文字

2019年09月02日 10:09 更新

ジャズ, ピアノ, クラシック, ジャズギター, バー, 罪, 贖罪, 長編, シリアス

クラシックピアノから逃げ出した彼女が惹かれたのはジャズの世界 ジャズを教えてくれた天才ジャズギタリストのおかげで再びピアノに触れるが 彼女は彼の運命を大きく変えていた――――

小説

70|恋愛・ラブコメ|完結|26話|135,231文字

2019年08月23日 16:00 更新

恋愛, シリアス, 一方通行, 現代ドラマ, 幼馴染, 家族

幼馴染の芹沢兄弟 兄の洸太と弟の奏太 主人公の望月菫は、旅に出たまま帰らない恋人の奏太をずっと待っていた 連絡もないまま過ぎ行く毎日の中、兄の洸太が菫を心配する...

小説

55|学園・青春|完結|28話|107,188文字

2019年07月19日 08:39 更新

バンド, ギター, 音楽, 記憶, 青春, アウトロー

主人公成人は 可愛がってもらっていたバンドマンとの間に起きた出来事に縛られ、 隠れるようにして音楽にすがり付いていた。 デビューという言葉がまとわりついてくる日常から目を逸らし、...

小説

14|恋愛・ラブコメ|完結|1話|3,385文字

2019年06月10日 12:53 更新

面倒な女, 短編, 恋愛, 女主人公, 日常, 結婚, 指輪

面倒臭い女だと切り捨てられたあの日から 私は面倒な女にならないよう気をつけてきた なのに――――

小説

72|恋愛・ラブコメ|完結|30話|58,664文字

2019年05月30日 16:10 更新

恋愛, 不器用, 青春, 家族, 歌

僕は君が歌を歌う理由(わけ)を知っている―――― なのに、いつだって何もできずに後悔してばかりなんだ――――……

小説

15|ファンタジー|完結|1話|4,219文字

2019年05月14日 12:44 更新

恋愛, 現代ファンタジー, アンドロイド, 有限, 時間, 最後の三分間, 短編

時間には限りがあると彼は言った 有限な時間の中で 私は彼に大切なことを教えてもらった

TOP