パパがてんさいだった頃

作者 星海 元

[ファンタジー]

3

155

0件のファンレター

 森川朝彦(あさひこ)は、9歳の息子・俊(さとし)の間に深い溝が出来つつあるのを感じていたが、毎年慣例の、京都の夏の風物詩、五山の送り火を二人一緒に見に行くことだけは、続けようとする。
 今年も大文字山を間近に望む小さな小山にやって来た父子。
 この山頂にある神社には、「ここは、大文字の日には決して通り抜けてはいけない。」
と言い伝えられる奇妙な形の鳥居があった。
 ここで、父から理不尽な叱責を受けた息子は、怒りのあまり、この禁断の鳥居を通り抜けてしまう。
 その先は、昭和56年の京都だった。
 
 親子の断絶と再生を描く物語。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

パパがてんさいだった頃

星海 元  BillyHunt1934

執筆状況
完結
エピソード
8話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
家族, ファンタジー, ヒューマンドラマ, 親子, 現代ファンタジー, 五山の送り火, 京都
総文字数
70,411文字
公開日
2021年04月29日 20:56
最終更新日
2021年05月05日 13:53
ファンレター数
0