三途の川縁

作者 宮島荘永

[その他]

7

368

0件のファンレター

目が覚めると“私”は床に半身で倒れ伏しており、頭の強烈な痛みに顔をしかめた。多量の血が出ていて、身体を動かせない。しかも、目の前の床には、覚えのないダイイングメッセージらしき血文字が。どうやら“私”は殺され掛けたらしい。血文字の偽装工作を行った犯人に気付かれない内に、助けを呼びたいところだが。

目次

完結 全1話

2019年07月18日 07:00 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

三途の川縁

宮島荘永  easaka-miyaei

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
その他
タグ
ミステリー, ダイイングメッセージ, 奇妙な味, パロディ
総文字数
2,584文字
公開日
2019年07月17日 19:47
最終更新日
2019年07月18日 07:00
ファンレター数
0