対話体小説集

[その他]

75

5,922

8件のファンレター

チャットノベルの練習用に、過去に書いた対話体小説をチャット形式でやってみようという実験と検証と考察、と言うか、やってみたいだけ。

実際の作品は、チャットノベルバージョンとテキストバージョンをアップいたします。
雰囲気やニュアンスの違いなど、楽しんでいただければと思います。

尚、本作自体が『チャットノベル』仕様の為、テキストバージョンの投稿は改行等の自動補正が不十分な為、読み辛い箇所もございます。
ご了承ください。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

目から鱗!

櫟さん、こんにちは。何と自作のパロディでチャットノベルを書くことができるとは! 目から鱗でした。こちら、面白い試みですね。 アイコンの表情の問題、セリフ最後の句点の問題、私もどうなんだろうと思っていました。実例を見せていただき、なるほど、の連続です。 櫟さん、絵もお上手ですね。自作アイコンでの表現もできるのでは? ぜひ見てみたいです〜!

返信(1)

クラムボンが頭から離れない……

『クラムボンが笑ったよ』楽しく拝読しました。 鈴木教授の見解を「なるほど~」と拝聴していたので、それを真っ向から否定する鶴田先生の説を受けて「ほうほう」と思っていたら、いきなりの「淡水クラムボン」! その後もしれっと続く多種類のクラムボンに思わず笑ってしまいましたが、最後の最後で、まさかそっちに転がるとは、と驚きました。顔に似合わず(失礼!)メルヘンな結論で。 鈴木教授のオチもすばらしく、おあとがよろしいようで、といいたくなりました(笑) 『極限まで進化した生命は簡素化されていく』と ... 続きを見る

返信(1)

極限まで進化した生命は

櫟さん、こんばんは。 この手の話は、既視感がどうしてもあるのですが、 これを会話で、チャットノベルでやるとものすごく新鮮ですね。 そもそも会話してんじゃん? とか言いたくもなるのですが! 今僕の頭の中はリミットの式でいっぱいです。 これはゼロに向かわせるのか、無限大に向かわせるのか…… その極限値は、収束せずに、実は発散するかも!? 楽しいですね。帰り道でも考え続けそうです。 有り難うございました!

返信(1)

ヒロちゃんと先輩

無邪気なヒロちゃんと終始冷静な先輩との温度差が楽しいです(*´-`) チャットノベルだと、会話のテンポにより臨場感があっていいですね。ヒロちゃんの表情がコロコロ変わるのもかわいくて。 焼肉のシーンや場面転換の際にイラストを差し込むと面白いし雰囲気が出るかも、というお話、たしかに、と思いました。 今回のコンテスト「写真で一篇」にエントリーされた作品をいくつか拝読しましたが、チャットノベルでなく普通のテキストタイプの小説でも、あいまに写真が挟み込まれるとぱっと目を引くし、画面が引き締まるよ ... 続きを見る

返信(1)

メタチャットノベル!

いや~これ面白すぎです! 「チャットノベル」という形式そのものを題材にした、「メタチャットノベル」というべき作品ですね! しかも、自作パロディー的な要素もあって、面白さ倍増です。 NOVEL DAYSの才媛――いや、鬼才茉莉花さん!^^ 早速「お気に入り」登録、させていただきました~(*^^*)

返信(1)

楽しみ過ぎる

こちらのチャットノベルから「警部、お願いします!」を拝読しました。いやー面白かった、一気読みしました。 各話の仕掛けがそれぞれに違っていて、飽きないです。ギミックがあって歯切れのいい文章は、櫟さまの十八番ですね。 そしてこちらでは、好きな作品が漫画化するようなワクワク感があります。 でも予想通りでは無いというか、一筋縄じゃないところが、さすがというか。 楽しみにしていますね!( =^ω^)

返信(1)

鯛は大将説(笑)

台詞のみで構成された小説を対話体小説というのですね。はじめて知りました。 ずいぶん前に読んだ井上夢人さんの『もつれっぱなし』という作品集が、まさにこの対話体小説だったように思います。 チャットノベル、わたしも好きな作家さんに感化されて、見よう見まねで始めましたが、普通の小説とは違ったアプローチで楽しいです。使いこなせているとはとてもいえませんが(^^;) 櫟さんは硬派な文体のかっちりとした小説をはじめ、わたしの大好きな『54字の物語』のようにブラックユーモアや風刺のきいた作品など、あり ... 続きを見る

返信(1)

お試しチャットノベル

櫟さん、こんばんは。面白い試みですね。 僕も自作として使っていますが、実際のところチャットノベルをどう位置付けるか、考えてしまっています。 バリバリ使われている方々ではない側のユーザーとして、学ばせていただければ嬉しいです。 そして題材が「警部、お願いします!」とは、これまた楽しみです。 レターはお送りしていませんが、こちらも好きで読んでいました! アイコンは、あの幽霊じゃないんですね(笑)。 引き続き読ませていただきます! 有り難うございました。

返信(1)

小説情報

対話体小説集

櫟 茉莉花  ojasminko

執筆状況
連載中
エピソード
14話
種類
チャットノベル
ジャンル
その他
タグ
対話体小説, 練習, 実験
総文字数
23,387文字
公開日
2022年06月06日 10:49
最終更新日
2022年06月20日 15:02
ファンレター数
8