キミのココロは何色ですか?

作者 有汐けい

[恋愛・ラブコメ]

2

6,855

0件のファンレター

オープンチャットのお題で作ったものを軸にして生まれた物語です。

<お題>
・冒頭を「この世界には2種類の人間がいる」で始める。

<あらすじ>
2006年、8月。
病院から退院した僕は、普通の高校生としての夏休みを謳歌していた。
ある日突然、頭に女の子の声がして驚愕する。
見えない彼女は自分がドナーだったことを話し始めるが、何故こんなことになったのか自分でも分からないと言う。
どうしたらいいか分からない僕は、姿も見えない彼女と一緒に生活することとなった。
天真爛漫な彼女に振り回されながらも、年上だと言う彼女に色々と勉強などを教えてもらう日々が続く。
ある日、彼女は僕の過去の過ちを正すため、幼馴染の梢と花火大会に誘うようせまるが…。

ひと夏に起きた、姿なき彼女が起こす、青春ラブストリー。


登場人物

僕の名前は斎藤哲也(さいとう てつや)だ。

持病のため、高校2年生の7月まで入院していた。
小学生の頃から入退院を繰り返していたから友達は多くはないが、人と関わるのが嫌いってわけじゃない。
梢とは、小学生の頃まで付き合いがあったな。

私は「サエキ カエデ」。

哲也の心臓のドナーよ。
一応、哲也より少しだけお姉さんだから。
自分でもどうして哲也の前に現れたのか分からないんだよねぇ。

哲也はさぁ…ウジウジ考え過ぎなんどよねぇ。見てて心配だよ、うん…。


私の名前は「結城 梢」(ゆうき こずえ)です。

テツ君とは同じクラスで美術部に所属しています。
テツ君とは小学生まで一緒に遊んだりしたけど、中学生になる前にお父さんの仕事の関係で転校しました。

あと、何か言うこと……あっ、趣味は読書です。

私達のお話、楽しんでくれたら嬉しいです。

うっす。

武田 健一(たけだ けんいち)って言います。

哲也と同じクラスで音楽の趣味が合って仲良くなった感じっすね。

高校になってこの街に来たけど、割と馴染めてきたかなって思ってます。

あとは…彼女さえできればこの夏は文句ないっす、はい。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

キミのココロは何色ですか?

有汐けい  rockriver0331

執筆状況
連載中
エピソード
20話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
青春, 恋愛, ヒューマンドラマ, 幼馴染
総文字数
57,702文字
公開日
2020年03月01日 16:16
最終更新日
2020年08月02日 12:28
ファンレター数
0