川端康成「少年」の文庫化の節目に彼の『虚無』を考える

[創作論・評論]

2

395

0件のファンレター

「川端康成と「少年」、清野少年の虚像と川端の実像について」(カクヨム)という論考を書いてから三年経った。当時は「少年」を図書館の閉架から読むしかなかった。川端康成の全てを表現しているといって良い「少年」がこの一編だけでも文庫化された意義は非常に大きい。私は三島由紀夫に習って彼を「虚無」と呼んだ。最近その「虚無」を説明する機会に恵まれた。その説明を増補してこの一文を認めた。

参考「川端康成と「少年」、清野少年の虚像と川端の実像について」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054890741013

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

川端康成「少年」の文庫化の節目に彼の『虚無』を考える

(トーマス)泊瀬光延  hatsuse_

執筆状況
完結
エピソード
2話
種類
一般小説
ジャンル
創作論・評論
タグ
川端康成, 少年, 三島由紀夫, 虚無, 創作論, 川端サイコ論, 伊豆の踊子, 湯ケ島の思ひ出, 文庫化, 川端の精神
総文字数
6,535文字
公開日
2022年04月25日 18:15
最終更新日
2022年05月16日 12:18
ファンレター数
0