ダイちゃんとわたし

作者 楓屋ナギ

[ノンフィクション]

175

3,294

4件のファンレター

だいだい色だからダイちゃん。ノラ猫。オス。年齢不詳。
人間にごはんをもらうようになり、仲良くなって拠点を手に入れた。そこに女のコたちがやってきて……。
思い出フォトエッセイ。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

TNR

実際にお手伝いしたこともなく、ボラさんのブログで想像するのみ。自分が同じ立場だったらどうしただろうか、と考えてしまいました。たらればですが、もし近くにいたならば。と思ってしまいます(>_<)

返信(1)

のらねこ特攻す

大変な事になってしまいましたね。猫たちの行動が素早すぎて予想だにしていない事態に。 これからまず、懐いていない母猫2匹との闘いの幕が切って落とされる……。ファィッ!

返信(1)

思い出しますねぇ。

緊張感MAXの頃ですね。ひとり、細腕船長があれもこれもしなければならない。忘れられませぬ。何処へ漂う、ひょっこり、もとい、ダイタニック号

返信(1)

おぉぉぉぉぉ!

よかったよかった。ダイちゃんのストーリーがまたここでも読める。笑

返信(1)

小説情報

ダイちゃんとわたし

楓屋ナギ  kaedeya

執筆状況
連載中
エピソード
19話
種類
一般小説
ジャンル
ノンフィクション
タグ
【エッセイ賞】, フォトエッセイ, 猫, 思い出, 子猫, 豆知識
総文字数
14,395文字
公開日
2021年01月19日 12:19
最終更新日
2021年02月24日 13:05
ファンレター数
4