時代の波と甘太の人生

[現代ドラマ・社会派]

3

85

0件のファンレター

主人公の名は甘太。姉夫婦が相模川近くのに宿屋を経営。青山甘太は野生児の様に山菜、キノコ、川魚とりの名人。計算の速さ以外、学業の成績は良くない。中学卒業後、姉の宿屋に住み込み便利屋のように働いた。8歳年上の苦学生、現在N証券マンの茂田作蔵と金儲けして成功し財を築く。京王線が多摩ニュータウンから橋本へ延伸する情報を代議士から入手し駅近くの土地を買収。茂田作蔵は、甘太の資産運用の参謀として二人三脚で奮闘していく。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

時代の波と甘太の人生

ハリマオ65  harima-65

執筆状況
連載中
エピソード
15話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
津久井湖, アルハンブラ宮殿, 京王相模原線, ポルトガル, ディズニワールド, フロリダ, スペイン
総文字数
20,271文字
公開日
2020年05月19日 06:51
最終更新日
2020年05月24日 23:00
ファンレター数
0