デリバりマリアと終末世界

[ファンタジー]

2

7,407

0件のファンレター

“どんなにか弱く小さな者でも、必ず必要としてくれる人がいる――”


太陽と月だけを残し空から星々が消え去った世界。“終末”を予見させる異変に際し、人々はどこか投げやりになりながらも変わらぬ日々を生きていた。

都内に住む大学生・優一は、引きこもりの音楽クリエイターである妹・仁子(にこ)と二人暮らし。ある夜、隣人からの騒音に耐えかねた優一が苦情をぶつけると、隣人のデリヘル嬢・真理亜が転がり込んでくる。彼女には触れた人間の性欲を減退させてしまう特殊能力があり、それ故に誰とも深い関係を持つことができずに悩んでいた。

酔って暴れる真理亜だが、仁子の楽曲を偶然耳にしたことで苦悩が和らぐ。「彼女の音楽が必要だ」と断じた真理亜。しかし仁子は彼女にまったく興味を示さない。仁子に明るさを取り戻したいと考えていた優一は、真理亜の専属ドライバー・頼夫や大学の友人・しえの助けを借りながら、凸凹な二人が仲良くなれるよう奮闘する――。

終わる世界に微かな希望をお届けする現代ファンタジー。

目次

連載中 全3話

2018年01月11日 17:08 更新

  1. プロローグ2018年01月11日
  2. 第1章 シスコン兄貴と迷惑隣人

  3. 2017年12月31日
  4. 2018年01月11日

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

デリバりマリアと終末世界

ベツレヘムしげる  shigeru_suso

執筆状況
連載中
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
聖書ラノベ新人賞, 聖書, ラノベ, 人間ドラマ, 処女, 音楽, DTM, ファンタジー, 終末
総文字数
12,341文字
公開日
2017年12月22日 15:20
最終更新日
2018年01月11日 17:08
ファンレター数
0