堕ちた剣豪と北の剣士

[歴史]

2

627

0件のファンレター

■あらすじ
 野盗退治に向かった藩の討伐隊が全滅した。そのため再度討伐隊が組まれた。谷川左内と柏原衛守は岡っ引きを引き連れて出立しようとしていた。その城門前で、肥富数馬という妙な剣士が同行することになった。
 その夜、討伐隊は野盗と遭遇して斬り合いになった。中でも野盗の頭領はかなりの剣の達人であった。討伐隊のメンバーは、左内と衛守、それに数馬の三人のみとなり……。

※400字詰め原稿用紙換算枚数:25枚
※こちらの作品はエブリスタ、カクヨム、小説家になろう、ノベルデイズの各小説サイトにも掲載予定です。

■所感
・当初このネタは、カ○ヨムで春休み頃に開催されたショートショートコンテスト用に起案したものでした(←投稿に失敗)。その後某社の某時代小説新人賞用に仕上げようとしましたが、結局失敗。そしてついに短編としてようやく切り出しました。
・初めての時代小説で手こずりました。もっと早く書き上げる予定だったのですが・・・。楽しんでいただけると嬉しいです。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

堕ちた剣豪と北の剣士

筑紫榛名【9/25文フリ大阪】  H_Tsukushi

執筆状況
連載中
エピソード
32話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
シリアス, アクション, 江戸時代, 時代小説, 堕ちた剣豪と北の剣士, 筑紫榛名, 短編, 短編小説
総文字数
8,027文字
公開日
2022年07月09日 22:23
最終更新日
2022年08月11日 00:00
ファンレター数
0