リラの花の香る繭 ザ・ワールド

作者 松本尚生

[恋愛・ラブコメ]

2

2,312

0件のファンレター

「いいな、そういうしっとりした話。繊細で美しい」
生きててよかった。マンガを描いてて、よかった。
そう思って涙した少女の暢子は、綾乃とふたりだけの繭の中にいる。リラの香る繭の中に。
繭の中だけが世界だった。

ふたりの共同作業が始まった。部活を切り上げ寮の部屋へこっそり移動する。カギをかけた寮の一室で、ふたりは黙って原稿用紙に向かった。
まだ何ものにもならない、性別すら同定されない無性の生きものがひしめいていた。生意気ざかりの、背伸びしたがりの、愛らしい少女たち。
1990年、高校生だった暢子は、リラの林を越えてやってきた綾乃の共犯者となる道を選ぶ。
それから20年後の2010年、ふたりは「ノブさん」と「センセイ」になって――。

今回は女性の話です。
まだアナログだった時代のマンガ制作の様子もお楽しみください。

目次

完結 全32話

2022年07月08日 07:29 更新

  1. 一、二〇一〇年 東京―1

  2. 一、二〇一〇年 東京―1 ①2022年05月27日
  3. 一、二〇一〇年 東京―1 ②2022年05月30日
  4. 一、二〇一〇年 東京―1 ③2022年05月30日
  5. 一、二〇一〇年 東京―1 ④2022年05月30日
  6. 一、二〇一〇年 東京―1 ⑤2022年05月31日
  7. 一、二〇一〇年 東京―1 ⑥2022年06月01日
  8. 一、二〇一〇年 東京―1 ⑦2022年06月02日
  9. 一、二〇一〇年 東京―1 ⑧2022年06月03日
  10. 一、二〇一〇年 東京―1 ⑨2022年06月04日
  11. 一、二〇一〇年 東京―1 ⑩2022年06月05日
  12. 二、一九九〇年 学院―1

  13. 二、一九九〇年 学院―1 ①2022年06月07日
  14. 二、一九九〇年 学院―1 ②2022年06月07日
  15. 三、二〇一〇年 東京―2

  16. 三、二〇一〇年 東京―2 ①2022年07月01日
  17. 三、二〇一〇年 東京―2 ②2022年07月01日
  18. 三、二〇一〇年 東京―2 ③2022年07月01日
  19. 三、二〇一〇年 東京―2 ④2022年07月01日
  20. 四、一九九〇年 学院―2

  21. 四、一九九〇年 学院―2 ①2022年06月12日
  22. 四、一九九〇年 学院―2 ②2022年06月13日
  23. 五、二〇一〇年 東京―3

  24. 五、二〇一〇年 東京―3 ①2022年06月14日
  25. 五、二〇一〇年 東京―3 ②2022年07月01日
  26. 五、二〇一〇年 東京―3 ③2022年06月16日
  27. 五、二〇一〇年 東京―3 ④2022年06月17日
  28. 六、一九九〇年 学院―3

  29. 六、一九九〇年 学院―3 ①2022年06月18日
  30. 六、一九九〇年 学院―3 ②2022年06月19日
  31. 六、一九九〇年 学院―3 ③2022年06月20日
  32. 七、二〇一〇年 東京―4

  33. 七、二〇一〇年 東京―4 ①2022年06月26日
  34. 七、二〇一〇年 東京―4 ②2022年06月22日
  35. 七、二〇一〇年 東京―4 ③2022年07月08日
  36. 七、二〇一〇年 東京―4 ④2022年06月24日
  37. 七、二〇一〇年 東京―4 ⑤2022年06月25日
  38. 七、二〇一〇年 東京―4 ⑥2022年06月26日
  39. 八、二〇一二年 海辺の街

  40. 八、二〇一二年 海辺の街2022年06月29日

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

リラの花の香る繭 ザ・ワールド

松本尚生  hisao-mt

執筆状況
完結
エピソード
32話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
女主人公, 恋愛, 高校生, 百合, マンガ家, 社会人, シリアス, 結婚, 学園, 完結
総文字数
80,801文字
公開日
2022年05月27日 00:58
最終更新日
2022年07月08日 07:29
ファンレター数
0