オペラを見て死ね!

[創作論・評論]

346

240,504

67件のファンレター

何となく敷居の高い、オペラの世界。だけど分かるようになってくると、断然面白いのです!
というわけでチャットノベルで「物語」を、引用した動画で「歌や音楽」をお伝えする試みに挑戦します。芸術だからとかしこまらず、ツッコミ満載で楽しんでみるのもアリではないでしょうか。
まずは親しみやすく、上演頻度の高い演目から。あくまで一ファンの立場からのご紹介で、内容は初心者向けです。よろしくお願いします。

表紙写真:パリ・オペラ座(ガルニエ宮)

目次

完結 全83話

2024年07月18日 16:15 更新

  1. Ⅰ プレリュード

  2. 第1話 今日はオペラの鑑賞日 公開日: 2021/11/05
  3. 第2話 事前の勉強はいらないよ 公開日: 2021/11/05
  4. Ⅱ 最も人気のオペラ『カルメン』

  5. 第3話 …とその前に「前奏曲」 公開日: 2021/11/05
  6. 第4話 「ハバネラ」・「手紙の二重唱」 公開日: 2021/11/06
  7. 第5話 カルメン逮捕と「セギディーリャ」 公開日: 2021/11/07
  8. 第6話 間奏曲「アルカラの竜騎兵」 公開日: 2021/11/08
  9. 第7話 「ジプシーの歌」と舞踊の場面 公開日: 2021/11/09
  10. 第8話 スター登場「闘牛士の歌」 公開日: 2021/11/10
  11. 第9話 五重唱「うまい話があるのさ」 公開日: 2021/11/11
  12. 第10話 最高に切ない「花の歌」 公開日: 2021/11/12
  13. 第11話 自由に生きよう! 公開日: 2021/11/13
  14. 第12話 第三幕への間奏曲 公開日: 2021/11/14
  15. 第13話 「聞け、仲間よ」・「混ぜて!切って!」 公開日: 2021/11/15
  16. 第14話 「ミカエラのアリア」 公開日: 2021/11/16
  17. 第15話 オレはエスカミーリョ! 公開日: 2021/11/17
  18. 第16話 また会うぜ 公開日: 2021/11/18
  19. 第17話 「アラゴネーズ」と闘牛士入場 公開日: 2021/11/19
  20. 第18話 「もしオレを愛しているなら」 公開日: 2021/11/20
  21. 第19話 グラン・フィナール! 公開日: 2021/11/21
  22. Ⅲ アントラクト

  23. 第20話 おまけ・ビゼーの曲をもう一つ 公開日: 2021/11/22
  24. 第21話 警視庁勤務のホセ⁉ 公開日: 2021/11/24
  25. Ⅳ 華麗で切ない『椿姫』

  26. 第22話 お次は悲しい愛の物語 公開日: 2021/11/27
  27. 第23話 時系列をさかのぼる前奏曲⁉ 公開日: 2021/11/28
  28. 第24話 「乾杯しよう、美が花開く」 公開日: 2021/11/29
  29. 第25話 「ある日、幸せそうな君が」 公開日: 2021/11/30
  30. 第26話  「そろそろ夜が明けるので」 公開日: 2021/12/01
  31. 第27話 「ああそはかの人か」・「花から花へ」 公開日: 2021/12/02
  32. 第28話 「君のいない生活なんて」・「この恥辱」 公開日: 2021/12/03
  33. 第29話 「神は私にお与え下さった」 公開日: 2021/12/04
  34. 第30話 「時が経って美貌があせれば」 公開日: 2021/12/05
  35. 第32話 「私達はジプシー。遠くの国からやってきた」 公開日: 2021/12/07
  36. 第31話 「プロヴァンスの海と大地」 公開日: 2021/12/06
  37. 第33話 「アルフレード、君が!」 公開日: 2021/12/08
  38. 第34話 "Scena Della Borsa(財布の場面)" 公開日: 2021/12/09
  39. 第35話 ちょっと休憩:小説『椿姫』の背景 公開日: 2021/12/10
  40. 第36話 続き:名作オペラ『椿姫』の誕生! 公開日: 2021/12/11
  41. 第37話 第三幕への前奏曲 公開日: 2021/12/12
  42. 第38話 「さようなら、過ぎ去りし日々よ」 公開日: 2021/12/13
  43. 第39話 「獣様のお通りだ」・「パリを離れよう」 公開日: 2021/12/14
  44. 第40話 号泣!フィナーレ・ウルティモ…… 公開日: 2021/12/15
  45. Ⅴ スルーできないヴェルディ作品

  46. 第41話 『アイーダ』 公開日: 2021/12/17
  47. 第42話 『レクイエム』・『リゴレット』 公開日: 2021/12/21
  48. 第43話 『イル・トロヴァトーレ』・『ナブッコ』 公開日: 2021/12/23
  49. Ⅵ 18世紀の優雅なラブコメ☆『フィガロの結婚』前編

  50. 第44話 ハッピーな序曲と、モーツァルトの時代 公開日: 2022/01/04
  51. 第45話 馬鹿げた一日? 公開日: 2022/01/05
  52. 第46話 婚礼間近の朝まだき 公開日: 2022/01/06
  53. 第47話 領主の例の特権で 公開日: 2022/01/07
  54. 第48話 「もし踊りをなさりたければ」 公開日: 2022/01/08
  55. 第49話 「あだを討つのは愉快だ」 公開日: 2022/01/09
  56. 第50話 女の喧嘩の二重唱 公開日: 2022/01/10
  57. 第51話 「自分で自分がわからない」 公開日: 2022/01/11
  58. 第52話 やばい、伯爵が来た! 公開日: 2022/01/12
  59. 第53話 「何たること。直ちに行け」 公開日: 2022/01/13
  60. 第54話 あ~見つかっちゃった 公開日: 2022/01/14
  61. 第55話 「幸せな娘たち」 公開日: 2022/01/15
  62. 第56話 「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」 公開日: 2022/01/16
  63. 第57話 「お授け下さい神様、何かの慰めを」 公開日: 2022/01/24
  64. 第58話 フィガロの計画 公開日: 2022/01/25
  65. 第59話 「恋とはどんなものかしら」 公開日: 2022/01/26
  66. 第60話 「こっちに来て、膝を付いて」 公開日: 2022/01/27
  67. 第61話 ケルビーノの女装、さらなる「萌え」 公開日: 2022/01/28
  68. 第62話 「いいから出てきなさい」 公開日: 2022/01/29
  69. 第63話 「開けて! 早く開けて!」 公開日: 2022/01/30
  70. 第64話 疑わないで(ここからフィナーレ曲) 公開日: 2022/01/31
  71. 第65話 すまない、許してくれ 公開日: 2022/02/01
  72. 第66話 楽師たちの到着だ 公開日: 2022/02/02
  73. 第67話 酔っ払いの庭師 公開日: 2022/02/03
  74. 第68話 何とビックリ七重唱! 公開日: 2022/02/04
  75. Ⅶ ギャグの向こうの革命前夜『フィガロの結婚』後編

  76. 第69話 伯爵のアリア 公開日: 2022/02/16
  77. 第70話 お、お母さん⁉ 公開日: 2022/02/17
  78. 第71話 「あの美しい時はどこへ」 公開日: 2022/02/18
  79. 第72話 「手紙の二重唱」 公開日: 2022/02/19
  80. 第73話 ケルビーノとバルバリーナ 公開日: 2022/02/20
  81. 第74話 第三幕フィナーレ 公開日: 2022/02/21
  82. 第75話 闇の中で進む「革命」 公開日: 2022/02/25
  83. 第76話 「牡の山羊と牝の山羊は」 公開日: 2022/02/26
  84. 第77話 バジリオのアリア 公開日: 2022/02/27
  85. 第78話 「すべて準備は整った」 公開日: 2022/02/28
  86. 第79話 「ついにその時が来たわ」 公開日: 2022/03/01
  87. 第80話 勘違いの嵐 公開日: 2022/03/02
  88. 第81話 大団円の最終景 公開日: 2022/03/03
  89. Ⅷ やっぱりすごい!モーツァルトのオペラ

  90. 第82話 『魔笛』 公開日: 2022/03/04
  91. 第83話 『ドン・ジョヴァンニ』 公開日: 2022/03/05

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

モーツァルト

つばめさん、ご無沙汰しています。ずーっと、レターを書きたいと思いつつ、いきなりですが、モーツァルト、ありがとうございました。 大好きな作曲家で、連載が始まった時、ヤッタ!と一人喜んでいました。 しかしフィガロ… これは大変な労力が要りましたでしょう、長い長いオペラですもんね。それでも完結させた… すごいことだと思います。モーツァルトもすごいけど、つばめさんもやっぱりすごい。実直な感想です。 ほんとにありがとうございました!

返信(1)

83話まで、読み切りました

あおぞらつばめさん、こんばんは。 「オペラを見て死ね!」、最後まで読み切りました。 そして動画も観ました。メインの三作、やはり「カルメン」が最も強烈に残りましたが、 「フィガロの結婚」も親しみやすい解説のお陰で楽しめました。解説なしだと挫折しますね。 前半でも書きましたが、この極端さ、ありえなさを楽しもうと覚悟したら(笑)、実に面白いですね。 それは「魔笛」「ドン・ジョヴァンニ」もそうで、モーツアルトは極端さからの真実を見せようとしたのでしょうかね。 音楽については、僕は語る術が ... 続きを見る

返信(1)

シーズン1 堪能しました!

 お疲れ様でした、たーーーっぷりオペラの魅力を堪能させていただきました。  昔オペラを何度か見に行ったときには、良く引用されるし、こういうのを見られる機会に見とくと後々何かの役に立つかも、というちょっと自己投資の気分で行ったためイマイチ楽しめませんでした。(だからあんまり覚えてない~~)ああ、見る前につばめさんの解説に出会っていれば、と悔やまれます。  今回はドン・ジョバンニを見せていただきましたが、昔あらすじを読んだときには「これの何が面白いの???」と全く興味が沸きませんでした。でも、つ ... 続きを見る

返信(1)

82話 待ってました「魔笛」

 このオペラは途中で展開ががらっと変わってしまうので初めて見たときには意味がわからなくなりましたが、ストーリーを知ってからは曲の美しさで大好きなオペラになりました。今回、タミーノ王子のファッション初期設定にびっくり。そ、そんな設定だったのですね~。  「夜の女王のアリア」は大好きなのですが、アスリートを見るような感覚で鑑賞してしまいます。凄いな、本当に楽器みたいです。  大好きな「夜アリ」大集合の動画は大興奮! せっかくなのでいい加減ですが一言感想を。  Diana Damrauさんはビジ ... 続きを見る

返信(1)

フィガロ、前半

あおぞらつばめさん、おはようございます。 68話まで拝読拝聴しました。「フィガロの結婚」、長丁場ですが、このあり得ない感じのドタバタが心地よいですね。 言い訳も全然練られていないのですが、そこがコミカルさを増強していて、もう聴衆につべこべ言わせない(笑)。 なるほど。その雰囲気を十分に伝えてくださるチャットノベルだなあ、と思いました。 後半もよろしくお願いいたします。有り難うございました!

返信(1)

81話(大力作に感動の涙)

 81話まで読ませていただきました。第75話、すこし枝葉に逸れてしまいますが二期会さんのダンスのシーンがいかにも貴族的で素敵でした。フィガロは曲も綺麗だし豪華絢爛で素敵です。オペラを見ているとゴージャスな気分になれますね。75話のバルバリーナのアリア、凄いですね、12歳ですか~~まさに天才。(いつも言っておりますが、こんな動画を探しあてるつばめさんも天才)。そうか、今後フランス革命になるんですね……。予見していたとしたら、モーツァルト流石だな! 77話1『8世紀の「しがないサラリーマン」バジリオ ... 続きを見る

返信(1)

43話まで楽しませていただきました。

あおぞらつばめさん、こんにちは。 「椿姫」も面白かったです。 「カルメン」のインパクトが強くて、いまいち乗れない状態だったのですが、 終わってみると「椿姫」の方が心に残っているような気がします。 殺人と病死の違いかもしれません。 本文でもありましたが、感染症との付き合い方も随分と変わったのだなあ、としみじみ思います。 「オペラを見て死ね!」と出会わなければ、このどちらも知らずに過ごしたのだろう、と思うので大感謝です。 これはやはり、紹介のされ方が秀逸だという証拠だと思います ... 続きを見る

返信(1)

大感動の第81話!

ドタバタ喜劇なのかと思った『フィガロの結婚』、ラストはこんな圧倒的な感動が押し寄せるとは! これもひとえに、つばめさんの痒い所に手が届くような、行き届いた解説のおかげです^^ 「あれをなくして……あたし困った」、天才少女の表現力だからこそなのかもしれませんが、あれはどう見ても手紙のピンを失くしてしまっただけの歌ではないですよね。つばめさんの解説を読むと、確かに革命という嵐の前の不穏な空気を感じます。それから、庶民であるフィガロやスザンナのアリアが格調高く、それが音楽的に小さな「革命」になって ... 続きを見る

返信(1)

21話まで楽しませていただきました。

あおぞらつばめさん、こんばんは。こちらを拝読・拝聴しております。 オペラは全くの初めてです。『オペラ座の怪人』は観たことがありますが……。 さて、職場で視聴するためにイヤホンをPCに差し込んで、日々数話ずつ。 ついに『カルメン』が完結しました。 これで僕も死ねますね(笑)。 この企画、素晴らしいですね。 あらすじと解説とを読みながら、動画をみて体感。 しかもさすが、読みやすく頭に入るので動画の内容も分かってしまう! チャットノベルの使い方としても、感激しました。 もう『 ... 続きを見る

返信(1)

71話拝見

 声量のある高音域を出すのは良く効きますが、エリーザベト・シュヴァルツコップさんの細い草の葉が震えるような高音のピアニッシモは凄いですね。というか、第一声めから包み込まれるような声で、ああ、流石の歌声! と思ってしまいました。最初の動画は仕草や場面がわかるし、二つ載せていただいたので補完、対比しあってとても理解しやすかったです。  度々書かせていただいているのですが(しつこい)、読みながら動画にもアクセスできる。これはWeb,電子書籍ならではの方法ですね。もちろん商業化となれば権利とか動画がい ... 続きを見る

返信(1)

小説情報

オペラを見て死ね!

あおぞらつばめ  AOZORA-TSUBAME

執筆状況
完結
エピソード
83話
種類
チャットノベル
ジャンル
創作論・評論
タグ
オペラ, 鑑賞, 音楽, 動画付き, 解説, クラシック, 芸術, カルメン, 椿姫, フィガロの結婚
総文字数
139,886文字
公開日
2021年11月03日 15:16
最終更新日
2024年07月18日 16:15
ファンレター数
67