鬼病

作者 氷川省吾

[ミステリー]

2

1,478

0件のファンレター

「鬼の頭蓋骨があるので鑑定してほしい」。依頼を受けた自然人類学助教授の篠田は、院生の花本と共に東北の山奥にある屋敷へと赴いた。そこには八瀬という美しい女性が1人で住んでおり、彼女の出してきた「鬼の頭蓋骨」は本物と見まがうばかりの精巧な物だった。
詳細な研究のために頭蓋骨を引き取った篠田だったが……。

誰もが知る怪物たちが、人外ではなく我々自身の中に潜む「病気」であったら……という想像の下に書いた「異病」シリーズの1作目です。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

執筆状況
完結
エピソード
8話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
ホラー, 生成, ミステリー, 自然人類学, 鬼, 骨, 病気, 頭蓋骨, 般若
総文字数
23,061文字
公開日
2023年05月10日 22:13
最終更新日
2023年05月10日 22:36
ファンレター数
0