岩石と食いしんぼう(チャットノベル版)

[ファンタジー]

4

4,886

0件のファンレター

盗掘が主な稼業の盗賊二人。お互いに「博士」「助手君」と呼び合いながら、今日も盗掘に精を出す。しかし掘り出した「異世界からの珍しい鉱物」には、運ぶのに邪魔な地味な岩石がついており……。なんということもない、岩石がらみのちょっとした小話。
※(投稿型サイト「小説を読もう」にあげた掌編のチャットノベル版)

目次

完結 全1話

2020年10月23日 20:10 更新

登場人物

おはこんばんちは! 作者の絵平 手茉莉です!

この話は投稿型サイト「小説を読もう」にあげた同タイトルの小話の「チャットノベル版」です! よろしければ「小説を読もう」内の「文章版」もご賞味を!

*「博士」


「博士」といいながら実は盗賊。相棒の「助手君」と共に旅をしながら、他人の所有する鉱山に忍び込み、勝手に鉱物を発掘・採取しては裏のルートで売り飛ばす「盗掘」を得意とする。

*「助手君」


「博士」の相棒。実はもともと「語学」専門の研究者。ある時こっぴどい失恋をし、たまたま酒場で巡り逢った「博士」のワイルドな生き方に一目惚れ。「僕はこの人についていく! そして盗掘のワザを学び、いずれは盗掘王になる!」と人生を180度転換。知能指数の高いバカ。

*妖精たち


異世界から「ごちそうの香り」に誘われてやってきた、岩石を食べる生き物たち。けっこう大食らい。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

岩石と食いしんぼう(チャットノベル版)

絵平 手茉莉  hanakagami

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
チャットノベル
ジャンル
ファンタジー
タグ
小話, 掌編, 読み切り, 石, 岩石, 鉱物, 宝石, 盗賊, 妖精, 笑い話
総文字数
2,996文字
公開日
2020年10月23日 14:15
最終更新日
2020年10月23日 20:10
ファンレター数
0