一般小説作品詳細

ペット霊園で町おこし

58|現代ドラマ・社会派|完結|25話|31,784文字

キリスト教, コミュ障でも勤務, 近未来小説, ペット霊園, 聖書ラノベ新人賞2

12,013 views

人口減少社会ゆえに空き家だらけの日本である神父が思い付く。
「そうだ、空き家を一旦更地にしてそこにキリスト教式ペット霊園を作ろう」
キリスト教式ペット霊園を中心に町おこしが始まる!皆が待ちに待った地域創生物語、ここに誕生!
※この物語に登場する団体・地名・人物名は、実在するいかなる団体及び・地名・人物とも関係ございません。
※この物語のジャンルは「近未来小説(社会派)」です。
※この物語は必ず「あとがき」までお読みください。感想をお待ちしております。
※本作品は「聖書ラノベ新人賞2」応募作品です。
※本作品は特定の宗教を宣教、勧誘する意図は全くございません。

もくじ

登場人物紹介

加藤茂。44歳。職業神父。就職超氷河期に社会に出る。埼玉県在住。最近周りに空き家が多数出現しており、この空き家をペット霊園に改造し、町づくりに乗り出す。

佐藤誠。47歳。埼玉県在住。幼少期からいじめ→受験戦争→就職超氷河期→フリーター→ニートとなる。45歳にてペット霊園管理人兼宿坊管理人の職を得て初めて親元から自立する。加藤神父が「モデルケース1」として挙げた人物。月収手取り約20万社会保険完備でもちろん正社員。親はすでに80代に達しておりあわや親の死と共に生活保護になるところであった。加藤神父はこのような元若者を100万人単位で救った人物である。ペット霊園管理人兼宿坊管理人のお仕事はほぼ無口でコミュニケーション能力が一切要らない。キリスト教系ペット霊園管理人資格「スターレット」の資格を持つ。洗礼は受けてない。

山田里香。42歳。東京都在住。就職超氷河期に大学を出るがどうにか就職した。就職直後から徹底して婚姻活動を行い2002年に結婚。だが結婚相手が失職し暴力を振るいはじめ2005年に離婚。その後ワーキングプアー地獄を経験。加藤神父が「モデルケース2」として挙げた人物。幸い子供が居なかったため母子家庭になることだけは避けた。親元に身を寄せ、病院の調理補助をパート身分でこなす。39歳の時にペット霊園管理人兼宿坊管理人の存在を知り、山田里香は「スターレット」資格を取得。勤務時間はパート時代よりも4時間も少ないのに月収は全くほぼ同額となる手取り20万となった。ゆとりを持てる生活を手にした彼女の夢はもう一回結婚すること。もちろん、ペット霊園管理人兼宿坊管理人を離職せずに。洗礼は受けていない。

伊藤拓哉16歳。神奈川県在住。加藤神父が「モデルケース3」として挙げた人物。父親のリストラをきっかけに「スターレット」資格試験を受けてなんと高校生初のペット霊園管理人兼宿坊施設管理人のバイトをこなす。同じ神奈川県内にあるプロテスタント系大学八景学院大学神学部神学科進学(スカラーシップ生)を希望。八景学院大学と同じ宗派である北部バプテスト派に属する教会の水曜の夜間礼拝にも参加する。洗礼希望。夢は牧師になること。

 加藤神父らカトリック側はまだ高校生なのに事実上の聖職者に就くと学校でいじめられる可能性があるとして「スターレット」資格試験の年齢要件と学歴要件を引き上げるようにしたがプロテスタント側は年齢要件及び学歴要件引き上げに反対し、実現しなかった。こうして彼は「高校生ペット霊園管理人兼宿坊施設管理人」のモデルケースとなった。

工藤徹。67歳。栃木県在住。魚屋を経営する自営業であった。加藤神父が「モデルケース4」として挙げた人物。90年代ごろから巨大SCが郊外に次々誕生し魚屋の経営が悪化。2000年代に魚屋を閉めることとなる。不幸が続き閉店直後に妻がガンで帰らぬ人となる。自宅も含めて周りはシャッター商店街と化す。警備員へ就職もAI社会の到来で警備ロボットに置き換えられる形で失職。国民年金加入期間が長いため年金だけで生活できず生活保護申請も却下。週3日巨大SC内のスーパーでアルバイトしている。住居兼元店舗だった物件を売ろうにも買い手が付かず固定資産税だけ重くのしかかる。さらに息子がブラック企業で体を潰して栃木に戻ってきた。そこでスターレット受験を決意。3年がかりで資格取得。今は75歳の誕生日前日までペット霊園兼宿坊支配人として働ける喜びをかみしめている。洗礼の希望は無い。厚生年金にも加入しているので年金受給額も増加している。なお、息子もスターレット受験を決意し、今では息子もペット霊園兼宿坊支配人となり親子共倒れの危機は去った。

田中和也。34歳。千葉県在住。田中は幼少期から変わった子としていじめられた。大学卒業後に「アスペルガー」、いわゆる現診断名「自閉症スペクトラム障害」と認定される。加藤神父が「モデルケース5」として挙げた人物。田中は発達障害(自閉症スペクトラム障害)と認定されたが驚異的な記憶力を持つ人物である。このため社会科(大学受験は世界史を選択)は常に満点か満点に近かった。しかし、コミュニケーション能力が無い人間に日本の社会は冷たく内定はもらえず大学卒業後もバイトを転々。発達障害者支援センターから手帳の取得を進められたが彼が取った「精神障害者3級」手帳は取得者全13万人のうちわずか1万人しかアルバイト・パートを含めて就業しておらず、自分が都合よく社会から隔離されたことに気が付く。そんな中親がスターレット資格の存在を知り、欠格事項に当たらないか親が事務局に聞いたところ被保佐人・被補助人でない限り資格は取得できるとの事。彼はスターレット資格を一発合格で取得。しかし精神障害手帳は2年更新のため正社員としての雇用ができないため障害者枠採用に至るも1年更新最長3年の契約社員となる。加藤神父はこのような者に対し何も問題なければ正社員への昇格が出来るシステムを作る。田中は正社員となり精神が安定し精神安定剤漬けの日々からの脱却に成功した。田中は後に精神障害者手帳を放棄した。

山本和子。52歳。茨城県在住。加藤神父が「モデルケース6」として挙げた人物。夫がリストラされ失業保険も切れたことをきっかけに夫がコンビニのフランチャイジーを決意し、自営業主となった。「開業資金も少なく安定した収入」という甘言に騙されたのであった。実態は年中無休365日勤務で特に人手が集まって来ない深夜勤務がざらとなった。このため夫の手助けに深夜勤務をすることとなった。世帯年収はこれだけ働いてもたった240万円であった。そんな中夫隆が倒れそのままFC本部側が事業継続困難とみなされ契約解除となった。残ったのは莫大な借金だけであった。夫婦ともども破産。自宅は手放す結果となった。子供竜也は高校卒業後に就職するもブラック企業で体を壊し、退職。和子はコンビニでアルバイトするという悲惨な生活になった。

MSWの勧めもあって生活保護申請に成功。医療費をタダにすることができた。しかし、和子が稼ぐバイト代は一部没収の上和子・竜也共に正社員を目指すことを条件とした生業扶助支給主体としての生活保護受給となった。

和子はそんな中スターレット資格取得を決意。5年がかりで取得した。現在は働けなくなった夫の替りに大黒柱となって一家を支えている。息子もスターレット資格を取得。生活保護から脱出した。気が付くと生保受給時代よりもはるかに少ない時間で働いているのに生保時代よりも収入が大きかった。「健康で文化的な最低限度の生活」とはペット霊園兼宿坊管理人職によってなしとけられたものであり、憲法が定める生存権とは何かを考えさせられる結果となった。

フェルディナント・カルロス。23歳。フィリピン人。技能習得生として来日。就労先は静岡県。目の前は富士山である。加藤神父が「モデルケース7」として挙げた人物。日本式かつキリスト教式のペット霊園を母国フィリピンに持ち帰るべく奮闘。OFFの時はとにかく神社仏閣に行くほど大の日本好き。就労期間は1年。日本での就労後、日本人が誰も居ない母国フィリピンの村で萩原助祭と共にペット霊園兼宿坊の経営に奮闘することとなる。

萩原健二助祭。26歳。フェルディナント・カルロスの手助けをする。英語もばっちり。カルロスがあまりの旅行好きのため業務として旅行をお供をすることになる。1年後カルロスと共にフィリピンのある村で萩原助祭と共にペット霊園兼宿坊の経営に奮闘することとなる。

武藤淳。21歳。群馬県在住。小学校から高校まで不適応だったがどうにか大学まで行けた。しかしバイトをあちこち首になるなど将来に絶望していた。そんな中大学宗教主事からペット霊園焼却炉のバイトを紹介される。武藤は日曜日と火曜の深夜を中心にバイトを行う。武藤はこの仕事に適していることを実感しスターレット資格の受験を決意。神職課程を修了していたので聖書100点免除が利いて大学3年次に合格。将来はペット霊園兼宿坊職を希望。こうして地獄の就職活動からも逃れることにも成功し、大学4年次の4月にペット霊園兼宿坊職に内定した。

木村淳。55歳。50歳近くまで非正規職員だった。念願のスターレット資格を持ち、自立。生活は安定した。しかし、結婚するにはあまりにも遅すぎた。そこで教会側から里親制度を知る。教会が運営するホームの子の親となるべく厳しいチェックを受け、高校生の子を里親にした。子は親の姿を見て

自分もスターレット資格取得を決意。大学に進学し、無事スターレット資格を得た。木村は家族を得ると言う夢を55歳にして手に入れた。

ある宗教学者。TVに登場し「ペットは天国に行かせたい」というキャッチフレーズに対し、「カトリックは煉獄という世界があるからこのキャッチフレーズは偽善」と攻撃した。また仏教のペット霊園に対しても畜生道に生きる魂の供養でしかないと攻撃した。

巡回調査員。業務が楽とはいえさぼったりしてないかを各ペット霊園ごとチェックする。キャッシュバックを適切に行っているかどうかもチェックする。

ある巨大掲示板にいたずらで書き込んだ人物。その書き込み内容とは「ペット霊園隣の宿坊には幽霊が出る」であった。

松田洋介助祭。スターレット有資格者ではペットの葬式で聖句や引導を引き渡すことなどができないのでもっぱら助祭の仕事となる。逆にこういった仕事が助祭以上の階級の仕事なのでペット霊園管理兼宿坊管理者は「ぼっち、コミュ障、陰キャ」でも勤まるのである。

生花店店主。一旦休業したもののシャッター商店街にできたペット霊園をきっかけに花の需要が増え再開業にこぎつけることが出来た。

最初は都会のマンション型ペット霊園の納骨堂に納骨を収めてた人物。しかしトータルコストで考えると納骨堂の維持管理費が年々重なるにつれて都心のマンション型ペット霊園納骨堂では割に合わなないため遺骨を郊外型キリスト教式ペット霊園へ移動させた。ペット霊園の場合墓石代、土地代を払えば永久に使用できるのが魅力である。また2代目、3代目のペットも納骨できる点も魅力である。

小説情報

ペット霊園で町おこし

シーモンスター  seamonster

執筆状況
完結
エピソード
25話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
キリスト教, コミュ障でも勤務, 近未来小説, ペット霊園, 聖書ラノベ新人賞2
総文字数
31,784文字
公開日
2018年09月25日 13:46
最終更新日
2018年12月10日 11:04
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

シーモンスター  seamonster

主に民話伝承を再構成してライトノベル化しています。

この作者の他の作品

チャット

1996年に2兆6000億あった出版市場は今や1兆5000億。近年は毎年1000億ペースで下落し1日1店のペースで消失していく書店。このままでは日本の文芸、いや日本の文化が危ない。...

51|創作論・評論|完結|22話|5,732文字

2018年12月11日 17:42 更新

出版不況, オーディオブック, 本離れ, 豪華装丁本, こうした方がいいよ

小説

人口減少社会ゆえに空き家だらけの日本である神父が思い付く。 「そうだ、空き家を一旦更地にしてそこにキリスト教式ペット霊園を作ろう」...

58|現代ドラマ・社会派|完結|25話|31,784文字

2018年12月10日 11:04 更新

キリスト教, コミュ障でも勤務, 近未来小説, ペット霊園, 聖書ラノベ新人賞2

コラボ

J-WAVEが1988年末にそれまで流行曲、シティーポップとバラバラだった分類を「J-POP」としました。そこで事実上の90年代文化である1989年から2000年までの日本の最高・最大の音楽黄金時代90年代J-POPをみんな...

23|創作論・評論|連載中|25話|4,338文字

2018年12月06日 15:58 更新

J-POP, 90年代音楽, 2000年の音楽, 1989年の音楽, 2001年の音楽, 2002年の音楽, 2003年の音楽

チャット

いじめで不登校に陥る人は今や30人に1人。つまりクラスに必ず1人はいる計算になります。 でも待って?そういった子って塾には普通に行ってたりしてない? だったら通信制小学校・通信制中学校にすればいいじゃない?...

29|社会・思想|完結|20話|3,104文字

2018年12月06日 11:15 更新

通信制小学校, 通信制中学校, 不登校, いじめ, こうした方がいいよ

チャット

今、デパートはあちこちで閉店ラッシュ。千葉三越、松戸伊勢丹、柏そごう、船橋西武、春日部西武、府中伊勢丹、相模原伊勢丹など挙げるときりがない。このままでは「デパート」という文化が危ない!!...

35|社会・思想|完結|21話|5,054文字

2018年12月06日 07:59 更新

こうした方がいいよ, デパート, 平成不況, 閉店ラッシュ

チャット

鉄道系「こうした方がいいよ」シリーズ第二弾は東京都豊島区にある大ターミナル駅である池袋駅から西北方向に伸びる通勤電車「西武池袋線」及び歌舞伎町にある西武新宿駅を起点とする西武新宿線の2つを基幹路線とする西武線だ!...

25|社会・思想|完結|15話|3,047文字

2018年12月05日 17:22 更新

こうした方がいいよ, 鉄オタ専用, 西武新宿線, 西武池袋線, 西武国分寺線, 西武多摩川線, 西武秩父線, 西武山口線, 西武園線, 西武有楽町線, 西武多摩湖線

チャット

「社会学とは何か」という定義すら統一できないまま200年以上の年月が過ぎたどうしようもない学問、それが社会学。そこで日本社会学会は「社会学は調査が基本」ということで「社会調査士」と「専門社会調査士」資格が誕生した。この資格は...

31|社会・思想|完結|17話|6,747文字

2018年12月03日 11:29 更新

社会調査士, 専門社会調査士, 社会学, こうした方がいいよ

チャット

鉄道系「こうした方がいいよ」シリーズ第一弾は東京都豊島区にある大ターミナル駅である池袋駅から西北方向に伸びる通勤電車「東武東上線」だ。...

29|社会・思想|完結|15話|4,934文字

2018年12月02日 18:27 更新

東武東上線, 鉄オタ専用, こうした方がいいよ, 東武越生線

チャット

1995年から2015年の間であの敗戦国家イラクですらプラス成長となったのに世界の主要国で唯一マイナス成長に落ちた国、それが日本国。日本民族は1989年に一瞬だけ米国を抜き世界の経済の覇者となった輝かしい歴史からわずか25年...

48|社会・思想|完結|18話|6,464文字

2018年12月01日 18:01 更新

衰退国, 衰退途上国, 観光立国, こうした方がいいよ

チャット

学校教育の教師の資格はもちろん教員免許。でも生涯教育の指導者は・・・それが社会教育主事なんです。PTAへ助言するのも社会教育主事なんです。なぜならPTAは社会教育団体とされているからなのです。...

43|社会・思想|完結|28話|12,276文字

2018年11月30日 17:42 更新

社会教育主事, 雑談会, 社会教育主事補, PTA, 防災教育, 社会体育主事, こうした方がいいよ

TOP