一般小説作品詳細

琥珀色の黄昏

2|恋愛・ラブコメ|完結|12話|139,406文字

バー, 北海道, お酒, 恋愛, 音楽, バイオリン, カクテル, ウイスキー, 猫, お仕事

2,585 views

北海道のバー、琥珀亭へようこそ。
ここは琥珀色の時間が流れるバー。

そこに集う人々の日常とちょっとした非日常の物語。

琥珀亭で働くことになった尊。
オーナーである真輝。
常連客のお凛さん。

彼らをはじめとする琥珀亭に集う人々の織りなす日々。


エブリスタ『第四回ノベリスタ大賞』で大賞を受賞した『今夜も琥珀亭で』を改題したものです。

※この物語はフィクションであり、実在の人物及び団体などとは一切関係ありません。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

琥珀色の黄昏

深水千世  fukamichise

執筆状況
完結
エピソード
12話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
バー, 北海道, お酒, 恋愛, 音楽, バイオリン, カクテル, ウイスキー, 猫, お仕事
総文字数
139,406文字
公開日
2018年09月10日 22:10
最終更新日
2018年09月10日 22:46
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

深水千世  fukamichise

『今夜も琥珀亭で』で第4回ノベリスタ大賞受賞
『あさはんのゆげ』でFMヨコハマ『アナタの恋、映画化します』受賞
オムニバス映画『全員、片想い』の千葉雄大主演『あさはんのゆげ』原案
『バタフライ・プリンセス』でエブリスタ小説大賞恋愛小説賞EW準大賞受賞


深水千世名義で文庫『バタフライプリンセス』(三交社)発売中

アイコンは无域屋さん


講談社タイガ、単行本、X文庫ホワイトハートなどのレーベルで出版希望

この作者の他の作品

小説

2|その他|連載中|3話|2,466文字

2019年08月12日 23:35 更新

料理, ご飯, 飲み物, 酒, エッセイ, 食事

食卓を飾る四季折々の旬の食材。思い出を宿す料理の数々。鼻をくすぐる台所の湯気。 毎日のご飯から小説や映画、漫画の料理までを綴るエッセイ。...

小説

2|ファンタジー|連載中|21話|82,837文字

2019年08月03日 23:50 更新

ガラスペン, インク, ファンタジー, 群馬, 猫, 霊感, 不思議, ほっこり, ヒューマニズム, 親子

「おばあちゃんと住んでくれる?」 受験に失敗し、両親が離婚した渡瀬薫は、母親の一言で札幌から群馬県にやってきた。 彼女を待っていたのはガラス工房を営む親子に二匹の猫、そして初めて会う祖母。...

小説

2|ファンタジー|完結|43話|291,396文字

2018年09月25日 23:03 更新

ファンタジー , 精霊, 群像劇, 青春, 友情, 恋愛, ハイファンタジー, 長編, 【リデビュー小説賞】

世界は小さく、故に広かった。地図の果ては『未知』の帳で縁取られていた時代。 精霊と人はともにあったが、人は万物に精霊が宿ることを知らずに生きていた。...

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|34話|147,222文字

2018年09月14日 11:50 更新

青春, 友情, 商店街, 北海道, 町おこし, 恋愛, 写真館, カメラ, 本屋, バー

乾いた生活を送っていた憲史が6年ぶりに実家の写真館に戻ってきた。 店があるのは、北海道の新陽通り商店街。 以前よりますます人気のない寂れた様子にげんなりする憲史。...

小説

2|ファンタジー|完結|38話|126,932文字

2018年09月13日 11:55 更新

猫, 現代ファンタジー, ファンタジー, そば, つくもがみ, 精霊, アクション, のほほん, ヒューマンドラマ, 恋愛

「罪という罪は在らじと、祓え給い清め給う」 そば屋の猫『菊千代』は、侍を目指す不思議な猫。 先住猫の『ロッキー』『マリア』とともにお守りするのは、なんと赤ちゃん。...

小説

2|ファンタジー|完結|9話|93,531文字

2018年09月12日 19:34 更新

ファンタジー, 図書館, 北海道, ミステリー, 児童文学, 親子, ヒューマンドラマ, 【リデビュー小説賞】

『登場人物、貸し出します』という文字を掲げる図書館がある。行くあてもなく彷徨い、今どこにいるのか誰も知らない。 そんな図書館に一人の少女が迷い込んできた。...

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|14話|108,677文字

2018年09月12日 11:23 更新

バー, お酒, カクテル, ウイスキー, 北海道, 千歳市, 和菓子, ヒューマンドラマ, 青春, 恋愛

ここは北海道千歳市にある『琥珀亭』というバー。 琥珀色の時間が流れる店には、今宵も一杯の酒に想いを託し飲み干す人々が集う。 琥珀亭の常連、お凛さんが綴る様々な人生の一場面。...

小説

2|恋愛・ラブコメ|完結|12話|139,406文字

2018年09月10日 22:46 更新

バー, 北海道, お酒, 恋愛, 音楽, バイオリン, カクテル, ウイスキー, 猫, お仕事

北海道のバー、琥珀亭へようこそ。 ここは琥珀色の時間が流れるバー。 そこに集う人々の日常とちょっとした非日常の物語。 琥珀亭で働くことになった尊。 オーナーである真輝。 常連客のお凛さん。...

TOP