一般小説作品詳細

唇から泥水

3|現代ドラマ・社会派|完結|1話|3,241文字

【許せない】, トラウマ, 母と息子, 閲覧注意

173 views

何かがおかしいと気づいたのは、いつのことだっただろうか――

※親から子への性的な被害を扱っておりますので、フラッシュバックを懸念される方は閲覧をお控えください。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

唇から泥水

かがちはかおる  kaoru_dragon

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
【許せない】, トラウマ, 母と息子, 閲覧注意
総文字数
3,241文字
公開日
2019年04月15日 23:23
最終更新日
2019年04月15日 23:32
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

かがちはかおる  kaoru_dragon

★商業出版時のペンネーム:かがちはかおる
★過去の出版物と出版社名:『ハダカで恋していたいから。』オークラ出版プリズム文庫
★出版を希望するレーベル:講談社タイガ、X文庫ホワイトハート

BL小説書き。

この作者の他の作品

小説

何かがおかしいと気づいたのは、いつのことだっただろうか―― ※親から子への性的な被害を扱っておりますので、フラッシュバックを懸念される方は閲覧をお控えください。

3|現代ドラマ・社会派|完結|1話|3,241文字

2019年04月15日 23:32 更新

【許せない】, トラウマ, 母と息子, 閲覧注意

小説

 そろそろあたたかくなってきたので、こたつの布団は片付けた。  冬の間、主に猫の寝床として大活躍してくれたこたつだが、春になれば普通のローテーブルに戻る。そこに座ってノートパソコンで原稿を書いていると――。...

3|その他|完結|1話|2,100文字

2019年03月05日 10:48 更新

【ラストレター】, 日常, こたつ, 猫

小説

幼い頃の記憶を持たない青年、辻村真咲(つじむらまさき)。 覚えているのは冬の夜空を見上げていたこと、その空を白い光が覆っていたこと。 失った記憶を求め、真咲は生まれ故郷の札幌へと旅立った……。...

6|現代ドラマ・社会派|完結|39話|96,412文字

2019年01月12日 08:21 更新

【リデビュー小説賞】, サスペンス, 舞台は北海道, 事件, 抑圧された記憶, PTSD

チャット

同棲中のゲイカップル、メガネ君と営業君。 ふたりが平和にトークをやりとりしています。 ※「車」のみ診断メーカーさんのお題より。

6|恋愛・ラブコメ|完結|25話|5,109文字

2018年11月28日 12:34 更新

BL, 同棲, 日常, 現代, サラリーマン, ゲイカップル, ラブラブ, R15?, 完結

TOP