目次

完結 全1話

2020年08月10日 13:39 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

チャコの海岸物語

フットンさまに阻害されたのでもう一筆。 容姿は全く違いますが ホクロの少年とレトロゲーマーが どことなく因果を感じます。 ホクロの少年に加齢と言う要素が加わると レトロゲーマーになるのかな、と。 書影の件、気づいて貰えて嬉しかったです! 扱う素材が突拍子のないものばかりですが それも踏まえて 以前の書影とはいい意味で決別出来た事物もあるように思います。 頭の中では車庫の階段物語が完成間近。 無死満塁、誰も死なないミステリの第一弾です。

返信(1)

可愛さ余って憎さ百倍な

kojiroさん、ファンレターありがとうございます! ホクロの少年の話、読みました。 摩訶不思議でありながら、固い因果で結ばれた男女の話だと思いました。 ストッキングのフットンさまは、心の変調を来たして地元では有名な心療内科にかかっておられます。 同じような症状を僕も持つので、情をかけたらなつかれてしまいました。毎回途中で寝るのに金曜ロードSHOWのジブリ映画を観ようと頑張るところとかは嫌いじゃなかったけど、夜更かしが出来ないからジャイアンツの点数を知らずに朝を迎えるのは舌打ちポイントで ... 続きを見る

返信(1)

特徴があれば名札は要らない

kojiroさん、お疲れ様です。主人公の女の子が窮地に立たされると必ず現れる少年。 面影が変わらないと言う点が漫画チックであり、ファンタジーにも思える。 高校時代の失恋に恋愛小説の差し入れと言うのがグッと来ました。 少年に特徴があったから、名札を付けなくても認識が出来ましたね。 HAPPY END! 次回の作品も楽しみです!

返信(1)

良い話です!

鈴木さん、こんばんは。 面白い展開でしたね。ギャグ系ではなさそうだと思いつつも、どこかで逆転を期待していました。 でも、そうではなくとも!  そしてこの作品ですが、カズオ・イシグロ作品の日本語訳的な雰囲気が充満しているように感じます。 最後までその空気感を壊さず(ユーモア系に持って行かず)進んでいきました。 これまで拝読した貴作からは意外でしたが、それも含めて面白く読めました。 有り難うございました。

返信(1)

小説情報

ナイフと謎の少年

鈴木浩一郎改め、鈴木浩二郎  kojiro

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
恋愛, ショートショート
総文字数
3,648文字
公開日
2020年03月08日 01:14
最終更新日
2020年08月10日 13:39
ファンレター数
4