天使が通り過ぎるまで――~藍生羽央は黙れない~

[学園・青春]

7

5,876

0件のファンレター

 ケンケンバトル、略してケンバト
 そんなふざけた競技〈ゲーム〉の企画で、藍生羽央(あいおいわお)は高校の一芸入試を突破した
 それどころか、そのゲームが新入生歓迎レクリエーションに採用される始末

 曰く、死ぬまで黙らないという性格の賜物である
 事実、半殺しにされながらも彼はそのスタンスを崩さなかった

 その性質は小学生の頃から――
 そして、高校生になった今も変わらず……

 結果、彼の周囲には愛憎渦巻く複雑な関係が多発し――気づけば、稀代のトラブルメーカーと呼ばれるようになっていた

 幼馴染に旧友、ライバル、記憶に残らぬ路傍の石たち
 ただ、一芸入試組だけあって同級生たちもたいがい変わっており――

 誰にとっても最低で最高の青春――高校生活が幕を開ける

※カクヨムにも掲載

目次

完結 全38話

2019年08月21日 23:09 更新

  1. プロローグ

  2. 第1話 藍生羽央は黙れない2019年05月20日
  3. 第1章 事の始まり、火種の在処

  4. 第2話 羽央と幼馴染2019年07月08日
  5. 第3話 入学2019年07月08日
  6. 第4話 酷すぎる平常運転2019年07月08日
  7. 第5話 酷すぎる自己紹介2019年07月08日
  8. 第6話 稀代のトラブルメーカー2019年07月08日
  9. 第7話 戦いの下心2019年07月08日
  10. 第2章 ルールブック

  11. 第8話 ケンバトーー2019年05月26日
  12. 第9話 ――プレゼン2019年07月08日
  13. 第10話 ぺらぺらと回る口2019年05月29日
  14. 第11話 吐き気を催す初キスの相手2019年06月03日
  15. 第3章 初戦、インテリ眼鏡率いるA-2

  16. 第12話 下手くそなエスコート2019年07月08日
  17. 第13話 公序良俗に反する服装2019年07月08日
  18. 第14話 ゲスさここに極まれり2019年07月08日
  19. 第15話 ゲスい男のゲスい策2019年07月08日
  20. 第16話 猫耳女装野郎が語る男2019年06月14日
  21. 第17話 姑息な男2019年07月08日
  22. 第18話 決着とスカートの中身2019年06月19日
  23. 第4章 二回戦、幼馴染のいるJ-2

  24. 第19話 過去の真相と羽央の深層2019年07月08日
  25. 第20話 クズさここに極まれり2019年07月08日
  26. 第21話 羽央の掌2019年07月08日
  27. 第22話 ハイテンション、嘘八百2019年07月08日
  28. 第23話 プレゼント、強くてニューゲーム2019年07月08日
  29. 第5章 三回戦、かつてのライバルさすがの性格

  30. 第24話 あり得ない質問2019年07月08日
  31. 第25話 初キスのオンナ、告白してきた女のコ2019年07月08日
  32. 第26話 藍生羽央の正体2019年07月08日
  33. 第27話 クズでも魅力的2019年07月08日
  34. 第28話 人でなし2019年07月08日
  35. 第29話 勝敗の行方2019年07月10日
  36. 第6章 消化試合、そして彼女は真相に迫る

  37. 第30話 賭けの代償2019年07月11日
  38. 第31話 ボケ(M)とツッコミ(S)の関係2019年07月12日
  39. 第32話 相も変わらず平常運転2019年07月14日
  40. 第33話 舞台裏の余裕2019年07月15日
  41. 第34話 おふざけの終焉2019年07月16日
  42. 第35話 告白、通り過ぎた天使2019年07月18日
  43. 第36話 名探偵、功刀蒼花2019年07月19日
  44. エピローグ

  45. 第37話 懲りない性格2019年07月21日
  46. 第38話 天使が通り過ぎる2019年08月21日

登場人物

 Aー3(一芸入試組)、藍生羽央(あいおいわお)

 とにかく喋って、喚いて、煽って大多数を敵に回すことを好む。

 それでいて孤立せず、味方を得られるほどにはハイスペック。また強かな性格であり、負けるのも厭わず平然と大人に頼ることもできる。

 その為、一部の人間には誤解から好かれることもしばしば。

 だが幼馴染を含め、誰もが最終的にはクズで人でなしと詰るほど、どうしようもない男のコ。

 好きな言葉は『正当(過剰)防衛』

 Jー2(中高一貫組)、二穴満子(ふたあなみつこ)

 羽央の幼馴染だが、周囲からはその事実が不思議に思えるほど内気な性格。

 ただ、そんな内面とは裏腹に外見の自己主張は激しく、老若男女問わず、威圧感を与えるほどに色々とでかい。

 もっとも、名前を含め本人はそのことにコンプレックスを抱いている。

 同年代では唯一、羽央の秘密――アイデンティティを知る存在。

 好きな言葉は『二人だけの~』

 A-1(進学コース)、上岡希久(うえおかきく)

 羽央や満子とは小学校からの付き合いで仲良し。二人とは対照的に――いや、平均的に見ても背が低いものの、マスコット的な可愛らしさはない。

 特に、羽央に対しては激しいツッコミを入れる容赦のない性格。

 言葉の端々に訛りが感じられ、通じない方言もよく使う。

 好きな言葉は『和気あいあい』


 Aー3、相川正義(あいかわせいぎ)

 初めて出席番号1番から脱することができ、羽央に感謝している。

 アルティメットプレイヤー(フライングディスクを用いて行う競技)で、運動全般が得意。

 好きな言葉は『バカ騒ぎ』

 A-3、Marie-Claude Sinclair(マリー=クロード・シンクレア)

 南仏出身のミックス(混血)で、日本の血はワンエイス(1/8)ほど。

 は行が上手く発音できないものの、日本語は達者である。

 好きな言葉は『laisser-faire, laisser-passer(成すに任せよ、行くに任せよ)』

Aー3、渡部高志(わたべたかし)。

誰とも関わる気がないことを自己紹介の場で言っちゃうような男のコ。

結果、羽央の餌食に。

好きな言葉は『孤高』

 Aー3、日向優(ひなたゆう)

 現役アイドルで愛称は「ひなうー」

 気が強く、苛烈でプライドが高い故に羽央のツッコミ役に回る羽目となった不憫な女のコ。

 好きな言葉は『可愛い』

 SA-1(特進コース)、功刀蒼花《くぬぎそうか》

 羽央とは小学生の頃の同級生でライバル。また、お互いにファーストキスの相手。

 しかし色気はまったくなく、売り言葉に買い言葉の結果である。実際、羽央が舌を入れてきたお返しに、膝を鳩尾に入れて吐かせたほど。

 本人は真面目で誠実な性格をしているものの、羽央と噛み合うだけあってまともではない。もっとも、優れた容姿と人柄のおかげで天真爛漫に見える模様。

 好きな言葉は『徹底抗戦』

 

 Aー2(進学コース)、東堂(とうどう)

 ケンバトではキングを務める。入学早々のクラスを纏め上げるほど、人望と能力あり。

 羽央曰く、インテリ眼鏡。

 どうやら、羽央に恨みがある様子。

 好きな言葉は『民主主義』

 

 A-2、南(みなみ)

 ケンバトではルークを務める。

 ノリの良いお調子者で、些か困った趣味の持ち主。

 好きな言葉は『愛玩』


 A-2、北川(きたがわ)

 ケンバトでは何故かクイーンを務める。

 南の所為で、女装+猫耳姿を晒す羽目に。

 好きな言葉は『硬派』

 A-2、西(にし)

 女性にあるまじき逞しい背中――いや、恰幅の持ち主。

 北川に衣装――小学校の制服を提供。それを高校生の男子が着れる恐ろしさ。

 好きな言葉は『食べ放題』

A-3、佐倉(さくら)

羽央とは同じ中学校なので、ある程度の耐性あり。

男子でありながら、一芸入試を手芸で突破するほど裁縫上手。

好きな言葉は『フリルとレース』

J-2、鶴来(つるぎ)

サッカー部のエースで先輩からの信頼も厚い。

また、運動全般が得意で正義感の強い少年。

好きな言葉は『真剣勝負』

SA-1、草皆知子(くさかいちこ)

羽央と同じ二木中学出身。

とある事情から、蒼花のことをお姉さまと呼び親しんでいる。

好きな言葉は『特別』

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

天使が通り過ぎるまで――~藍生羽央は黙れない~

安芸 空希  akidukiyuu

執筆状況
完結
エピソード
38話
種類
一般小説
ジャンル
学園・青春
タグ
スポーツ, ライバル, 高校生, 恋愛, ラブコメ, 友情, 精神障害, 青春, 伏線, 幼馴染
総文字数
118,109文字
公開日
2019年05月20日 16:13
最終更新日
2019年08月21日 23:09
ファンレター数
0