都(くに)づくり (現実)

[社会・思想]

3

240

0件のファンレター

この場所は阿龍門 稜(おりゅうと たか)の『都《くに》づくり』のステージになります! 「永遠」に続いていく "都(くに)" をイメージしておりますが、あなたなら"都"の文字にどんなイメージをお持ちになるでしょうか?

美しい世界! 笑顔が溢れる世界! 驚きにみちた世界! こんなふうにモノゴトが進んだらきっと幸せに違いありません。この幸せに番地をつけるなら何丁目・何番地にしようか!「幸せな悩み」と名づけて愉しんでもいいかな!

素敵な想いも辛い想いも膨らんで取りとめがありませんが、あなたはいかがでしょうか?稜の場合と似てますでしょうか? お子をお持ちのお人であれば似てるかも知れませんね!? 安定した暮しは幸せの担保かも知れませんから。

その点、子どもは親の心配など少しも気にしないようで、それで親の「幸せな悩み」は呆気なく「ハラハラの悩み」へ変質する場合も少なくないかも知れません。この程度は覚悟していなければ親業はとてもとても...かもですね。(最終更新2021/8/19)

目次

完結 全4話

2021年08月22日 15:14 更新

登場人物

壽佐袁(すさお)

ここ「都(くに)づくり」の牽引役を務めます。

阿龍門 稜(おりゅうと たか)の(です。その時点・時点のの年齢に関係なく、つまり幼時期・青年期・老年期はもちろん、生前も死後もこの顏でとおします。


国造でなく(くに)づくり

特別なことはしません。壽佐袁にはどんな環境も大切な世界です❢ (記.2021/8/19)

阿龍門 稜(おりゅうと たか)のサブキャラの一人。依然不慣れなサブキャラですが…出たとこ勝負で。よろしくお願いいたします。


みさお(水竿)

幼君 真虫(ようくん まむし)


気にしない人は気にしない幼君なんだ!

双子だったって…口癖、直すのかなあ!

才斗(ざいつ)の民:才斗一族には不思議な術(じゅつ)を使える才能がそれぞれに具わる


余彦(あまひこ)

才斗(ざいつ)の民:才斗一族には不思議な術(じゅつ)を使える才能がそれぞれに具わる


◦丘彦(おかひこ)

才斗(ざいつ)の民:才斗一族には不思議な術(じゅつ)を使える才能がそれぞれに具わる


◦アッシー

才斗(ざいつ)の民:才斗一族には不思議な術(じゅつ)を使える才能がそれぞれに具わる


◦瑞ッチ(みずっち)

ウィッシュ梵ⓐ(うぃっしゅぼん)

ウィッシュ梵ⓑ(うぃっしゅぼん)

うぃっ衆(うぃっす)



才斗(ざいつ)の民:才斗一族には不思議な術(じゅつ)を使える才能がそれぞれに具わる


◦ザッチ

才斗(ざいつ)の民:才斗一族には不思議な術(じゅつ)を使える才能がそれぞれに具わる


◦虹(こう)

焔舞池(えんぶち)


(通称)ブッチ

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

都(くに)づくり (現実)

阿龍門 稜  fudoki

執筆状況
完結
エピソード
4話
種類
一般小説
ジャンル
社会・思想
タグ
正論・正義, 罪~罰, シリアス, 哲学~証言, 仏法~カリスマ, 社会常識, ノンフィクション, 現代群像劇, ファンタジー, 日本語
総文字数
907文字
公開日
2021年07月12日 03:10
最終更新日
2021年08月22日 15:14
ファンレター数
0