台灣懶惰日記

[日記・個人ブログ]

46

722

3件のファンレター

学期末テストの採点を済ませれば、晴れて冬休みの三奈乃。
だが、採点は遅々として捗らない。なぜなら――
根が怠け者でやる気が出ないから!
果たして成績提出期限の1月22日までに全ての科目の採点を終えられるのか?
三奈乃は無事に台湾の旧正月を迎えられるのか?

…というわけで、旧正月ぐらいまでだらだら書くつもりの台湾日録です。

※表紙は近所の本屋の看板娘ちゃん(器量よし!)。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

その場にいるような気分になります

こちらにファンレターを差し上げますが、他の作品も拝読しております。私はオーストラリアに住む(一応)“台湾媳婦“なのですが、以前まで毎年のように帰国していたのが、昨年からの事情で、故郷は遠くなってしまいました…ですので、今の台湾現地の様子を感じられる南ノさんの日記、楽しみにしています。有り難うございます!

返信(1)

心だけ海外生活

 コロナ禍の今、海外旅行に行きたいのに行けない悶々を解消してくれるエッセイですね。  それもよくある観光ガイド風ではなくて、まさにそこで日常を送っているかのような錯覚に陥らせてくれます。冒頭の台湾特有の気候の呼び名とか初めて知りました。それに台湾の小説や(読んだことが無い、興味津々)、曲紹介まで。一つ一つは長くないのに盛りだくさんでワクワクします。採点逃避(?)でこのような名品が生まれるとは!    BGM選曲も素敵。皆さん声に伸びがあって滑らか、上手いなあ……とうっとり。もちろん初めて聞く ... 続きを見る

返信(1)

鬼滅面白いですよねー

キッズアニメでの鉄板のお約束なのですが、主人公が視聴者に嘘をついていないことが重要です。炭次郎も煉獄さんも(つまり作者)が嘘をついていないからこそ、鬼滅は国民的なヒットになったのだと思います。映画ですが、夢を見せる鬼が、ストロングゼロ的なコンテンツの消費をするユーザーと書き手の関係性に対するアイロニー的なメッセージになってて、やっぱり大ヒット作家は色々(持って)ますよねー。ワニ先生は多分現実に起きた出来事を作品に反映させるタイプだと思うのですが(エヴァの庵野監督と同じ)、色々つらい戦いがあったの ... 続きを見る

返信(1)

小説情報

台灣懶惰日記

南ノ三奈乃  minano

執筆状況
連載中
エピソード
4話
種類
一般小説
ジャンル
日記・個人ブログ
タグ
日記, 台湾, 虚実皮膜, 旧正月まで
総文字数
5,047文字
公開日
2021年01月14日 19:36
最終更新日
2021年01月17日 17:22
ファンレター数
3