私本信松尼公記

作者 夢酔藤山

[歴史]

49

7,811

0件のファンレター

武田信玄の姫・松姫。
滅びゆく里、滅ぼしに来るかつての許嫁。幼き姫を守りながら強く生きていく姫を支えたものは、何だろうか。生きていく力に溢れた、新しい松姫像を描いていく。姫の生きる戦国、そして泰平への道。現代人は、彼女から何を学ぶ。

登場人物

信松尼

武田信玄の息女。松姫と呼ばれる。

織田信忠の許嫁とされるが、武田家と織田家の盟約が決裂し有名無実の状態となる。

そして武田家を滅ぼす総大将がかつての許嫁という事実を知ることなく、幼い姫たちを伴い武蔵国へと逃れる。やがて姫や旧臣の支えとなるため、得度して仏門に帰す。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

私本信松尼公記

夢酔藤山  big-bear-dream

執筆状況
完結
エピソード
31話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
戦国, 姫, 武田信玄, 女子, 生命, 歴史, 愛情, 長編, 家族, 小説
総文字数
72,447文字
公開日
2021年10月21日 20:08
最終更新日
2021年11月21日 00:00
ファンレター数
0