遥かなる星々の物語 | 第一章 No.3  「 相似惑星 」

作者 TA-KA

人類の文化の進化に伴い、地球の環境も急速に変化し、その環境をを改善すべく人類は月へとその解決策を求めた。
しかしそれはパンドラの箱の如く、開発の進行と共に地球は徐々に砂漠の惑星へと変化を始め、その原因が月にある事が判明した。しかし月はその質量を失い地球の引力圏から離れ、地球は月の恩恵を受ける事が出来なくなり火星化に歯止めが掛からない状態に陥ってしまった。
地球を取り戻すべく組織を立ち上げ対策を進めるジェフリー博士であったが、彼の命数は尽き、その死の直前、希望をアルフレッド達に託し、地球を救う物質を求め銀河の中心へと転送していった。しかし、それは見つからず最後の可能性を求め、銀河の中心を挟んだ太陽系の反対側、未知の宙域へと向かって行った

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

遥かなる星々の物語 | 第一章 No.3  「 相似惑星 」

TA-KA  TA_X_KA

執筆状況
完結
エピソード
4話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
SF, スペースオペラ, 宇宙, 銀河, ヒューマノイド, 未来, 銀河系, 地球, 空想科学, 宇宙探査
総文字数
11,650文字
公開日
2020年06月09日 16:56
最終更新日
2020年08月10日 20:46
ファンレター数
0