一般小説作品詳細

キラメク七つ星!

5|ファンタジー|完結|27話|120,233文字

和風ファンタジー, 陰陽師, 姉弟もの, 妖怪, 中学生, 家族愛, シスコン, 玉藻前

4,699 views

ノロイとマジナイ。どちらも「呪い」と書く。
人に不幸あれ。
人に幸福あれ。
善悪問わず、それは神への祈り。未来への願い。
その願いで他者を苦しめるか、幸せな未来を分かち合うかは祈る人間次第。
これは、その後者を選択するために戦う陰陽師の少女と弟の物語である!

もくじ

登場人物紹介

土御門美恵


先祖代々陰陽師として日本の都を守ってきた土御門家の長女。父が陰陽師になる使命を放棄して家出したため、7歳から曽祖父がいる京都で修行していた。

14歳で東京に戻り、土御門家当主となって陰陽師として活動を開始。先祖の安倍晴明の力を受け継いでいて、魔を払う力は歴代の土御門家当主の中でも最強クラス。

性格はおおらかで、マイペース。あまり物怖じしないタイプ。曽祖父の面倒を見ていたので、料理・洗濯・裁縫などの家事は得意。ただし、年寄りが好みそうな料理ばかりつくる。

弱点は、ものすごい方向音痴であること。

土御門晴久


美恵の弟。13歳。母を早くに亡くし、父は家を飛び出し、姉は陰陽師になる修行のため京都に行き、ずっと祖父と二人暮らしだった。姉の美恵に過酷な運命を押しつけた父のことを恨んでいる。

本来ならば長男の自分が修行をするはずだったのに、魔を払う力がなかったために、美恵が陰陽師にならなければなかったことを申し訳なく思っていた。

陰陽師としての能力は、姿を隠した鬼たちを見る「見鬼」の眼だけである。

夢の葉


土御門家に代々仕えている白狐一族の娘。外見は10歳ぐらい。

京都で美恵と暮らしていたが、美恵に従って東京にやって来る。

いつも一生懸命に美恵と晴久を支えようとしているが、あわてんぼうでドジなため、失敗することが多い。ビックリしたりすると、変身が半分とけて耳やしっぽが出てしまう。

土御門晴英


美恵と晴久の祖父。67歳。土御門家の先代当主。

頑固な性格で、陰陽師の家業を継ぐことを拒否した息子の晴勝を追い出した。

気持ちはまだ若いが、腰が弱くてぎっくり腰になることが多い。

両親の愛に恵まれずに育った姉弟のことを心配し、父親を追い出したことを心の底では申し訳なく思っている。

露の葉


美恵と晴久の父・晴勝のサポートをしていた白狐。夢の葉の姉。

現在、消息が分からなくなっている。

平野紗枝子


内閣総理大臣・平野道隆の娘。晴久のクラスメイト。みんなの人気者。

父親のことを素晴らしい政治家だと尊敬していて、とても正義感が強い。

かなりの箱入り娘のため、世間知らずで少しずれたところがある。好奇心旺盛で、陰陽師の美恵に興味津々。

本人はファッションに興味はないのだが、母親の綾子の趣味でフリルがたくさんついた可愛らしい服を着させられている。

平野道隆


内閣総理大臣。紗枝子の父。何者かに呪詛をかけられ、美恵に命を救われる。

選挙に勝つことで頭がいっぱいで、妻の綾子とはケンカばかりしている。

須永正吾


官房長官。与党の中でも切れ者で、平野道隆の片腕と言われている。だが、内心では総理大臣の席を狙っていて……。

三重宗十郎


悪の陰陽師・三重道鬼の息子。17歳。

冷静沈着でどこか冷めた少年で、絶世の美男子。

未来を予知する能力を持っていて、自分や他人の未来が何でも見えるため、自分の人生を客観的で冷めた目で見ている。

三重道鬼


宗十郎の父。蘆屋道満の子孫で、土御門家を激しく憎んでいる。

平野総理を助けにきた美恵たちの前に現れ、仕事を横取りしようとする。それだけでなく、美恵が未熟な陰陽師のうちに消してしまおうと企み、宗十郎と美恵を戦わせる。

本人の陰陽師としての実力は三流。

玉藻前


平安時代末期に鳥羽上皇を惑わせた九尾の狐。その正体を安倍泰成(晴明の子孫)に見破られ、討伐軍によって退治される。だが、玉藻前は殺生石という毒石になり、その後も多くの人を悩ませた。南北朝時代に玄翁が殺生石を砕き、各地に散らばっていた。

現代になって日本の政界を牛耳ろうとする須永正吾の陰謀によって殺生石の破片が集められ、千年ぶりに復活。須永の思惑を上回る暴走をして、東京を死の都にしようとする。

性格は快楽主義者で、自己中心的。人間が苦しみ、恐怖する顔を見るのが大好き。絶世の美貌で男を惑わし、コントロールする。金髪の髪が美しく、本来の狐の姿も黄金の毛。

小説情報

キラメク七つ星!

名月明  naduki-akira

執筆状況
完結
エピソード
27話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
和風ファンタジー, 陰陽師, 姉弟もの, 妖怪, 中学生, 家族愛, シスコン, 玉藻前
総文字数
120,233文字
公開日
2018年09月23日 16:36
最終更新日
2018年09月29日 16:23
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

名月明  naduki-akira

我こそは伊勢の大地より立ちのぼる姉萌えの積乱雲!!(ただし一人っ子)
歴史小説と児童小説を中心に色々と執筆して応募しています。大正浪漫大好き。
これから色んな小説を投稿していきたいと思います! よろしくお願いします!

この作者の他の作品

小説

11|歴史|連載中|32話|143,467文字

2019年07月25日 17:06 更新

織田信長, 豊臣秀吉, 明智光秀, 戦国時代, 戦記, 徳川家康, 今川義元, 斎藤道三

日本史最大の英雄、織田信長。 彼の名を、彼の人物像を、知らないと言う日本人はほとんどいない。しかし、信長は時代が移り変わると共にその人物像も変化してきた、時代の映し鏡だった。...

小説

5|ファンタジー|連載中|66話|326,206文字

2019年03月03日 16:45 更新

女神, ラブコメ, コメディ, 神様, 日本神話, 巫女, 中学生, ギャグ, ドタバタ

 中学生のうずめは、チアリーディング部に所属する元気な女の子。  ある日、野球部の男子に告白されるが、「好きな人がいるから」と言って断ってしまう。うずめは夢の中でいつも出会う謎の人が、自分の運命の人だと感じていたのである。...

小説

5|恋愛・ラブコメ|完結|6話|18,441文字

2018年12月22日 20:10 更新

大正時代, 大正ロマン, 大正浪漫, 女学生, 年の差, 許嫁, ラブラブ, フルーツポンチ, 銀座

大正13年(1924)のクリスマス・イヴ。 花守柳一は3歳年下の許嫁&同居人の朧月夜桜子をランデブーに誘い、銀座のフルーツパーラーに行こうとする。 でも、近頃めっきり美しくなった桜子にちょっと戸惑いぎみで……。...

小説

5|恋愛・ラブコメ|完結|6話|18,588文字

2018年12月22日 16:43 更新

大正時代, 大正ロマン, 大正浪漫, 女学生, 年の差, 許嫁, サンタクロース, 聖夜

今年のクリスマスは許嫁で大好きな柚兄様に想いを告げたい……。 14歳の女学生・柊子は、そう願いながら、手作りのプレゼントを柚希に贈ろうとマフラーをこつこつと編んでいた。...

小説

5|歴史|完結|39話|239,026文字

2018年10月24日 07:00 更新

残酷描写有り, 暴力描写有り, 性描写有り, フランス, ブルボン王朝, ヴァロワ王朝, 戦記, ダークヒーロー, 宗教戦争, 愛憎, 友情, 恋愛

歴史は、時に大量の血を欲する。 フランスのヴァロワ王朝末期。カトリック派とプロテスタント派が、激しい宗教戦争を繰り広げていた16世紀こそ、フランスの大地が赤く血塗られた時代だった。...

小説

5|歴史|完結|50話|224,477文字

2018年10月11日 17:17 更新

騎士, 中世ヨーロッパ, ドイツ, 友情, 恋愛, 戦争, 鉄腕, 義手, 神聖ローマ帝国, 暴力描写有り, 残酷描写有り, 性描写有り

舞台は、16世紀初め――宗教改革の嵐が吹き荒れる前夜のドイツ。 慈悲も救いも一切ない、暴力と迫害の闇が世界を覆った乱世である。...

小説

5|学園・青春|完結|21話|87,881文字

2018年10月07日 15:17 更新

児童小説, コメディ, アパート, 中学生, 恋愛, 友情, ポジティブ少女, ギャグ

前野絵里は、陸上選手を目ざす中学一年生。 絵里は去年、右足を大ケガして夢をあきらめかけていたが、 「前のめりになって倒れそうになってでも夢をつかもうというポジティブさがあれば、人間は何だってできる」...

小説

5|ファンタジー|完結|27話|120,233文字

2018年09月29日 16:23 更新

和風ファンタジー, 陰陽師, 姉弟もの, 妖怪, 中学生, 家族愛, シスコン, 玉藻前

ノロイとマジナイ。どちらも「呪い」と書く。 人に不幸あれ。 人に幸福あれ。 善悪問わず、それは神への祈り。未来への願い。 その願いで他者を苦しめるか、幸せな未来を分かち合うかは祈る人間次第。...

小説

5|歴史|完結|49話|176,855文字

2018年09月26日 17:04 更新

剣豪, 冒険, 友情, 日本史, 中国史, 室町幕府, 明王朝, 宮廷, 愛洲移香斎, 日本刀

 第6回角川春樹小説賞最終候補作品...

小説

5|歴史|完結|9話|79,163文字

2018年09月21日 20:04 更新

動物裁判, 法廷, コメディ, 弁護士, フランス, お姫様, ブルボン朝, ダルタニャン, パリ, 児童小説

物語の舞台は、太陽王ルイ十四世の時代のフランス。美しいお姫様のマリーが侍女のサラ、ペットの黒猫ニーナとともにパリにやって来た。マリーたちは、街のど真ん中でとても大きなブタに遭遇して困っていたところをシャサネンという少年に助け...

TOP