ストロベリージャム

[学園・青春]

58

3,764

10件のファンレター

【あらすじ】苺16歳。初恋は幼馴染の涼ちゃん。気持ちを伝えようとしたら涼ちゃんの両親が離婚することに決まって……。一生忘れない初恋、色褪せない青春、切ない想い。初めての口紅はストロベリージャム。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ストロベリージャム 2話まで読みました

 いや~、甘酸っぱさ満載。こういう青春を送っている彼らにちょっと嫉妬してしまいます。特に、2話。もうキュンキュンMAX!  苺ちゃんが純粋で可愛くてうらやましくてたっまりませ~ん♡ こういうの書けるそらまめさんも、うらやましい~。

返信(1)

中学生が見る「世界」

この作品を読ませていただいていると、自分が中学生だった頃のことを思い出します。 学校と、そこを中心とした狭い人間関係が「世界」のほぼ全てだったあの頃。 大人になってから思うと、「あんなささいなことで?」と思う出来事に一喜一憂する日々……それがそらまめさんの繊細な文章で、生き生きと魅力的に描かれていて、主人公の苺ちゃんがすごく愛おしく感じられます。 新作の連載って、体力使いますよね。無理なさらず、じっくり御執筆下さいませ。 読者として、次の更新をゆっくり、楽しみに待ちたいと思います~( ... 続きを見る

返信(1)

甘酸っぱい。

10代前半の恋って男女共に甘酸っぱいベリー系の味ですよね。これからどうやって甘さと深みが増すのか楽しみです。

返信(1)

苺一会。

ひととの距離の取り方って、わからないですよね。僕には難しい問題であり続けています。故に、共感できる。続いてほしいなぁ、この作品。なんて、想うのでした。

返信(1)

読んでみました

一話で4000文字以上か……と思ってすぐに読めなかったのですが、読んでみたらあっという間でした。 めんどくさいのが青春。わけわかんないのが青春。若い頃は、そんなのかんけーねーって思ってたけど、そんな十代の頃を思い出しました。 デートの時、たった一言で相手を怒らせちゃって、突然帰られちゃって、なんで怒ってんの? って腹立てたこと……とか。 デリカシーがないのよ!って言われても、あの時はわからなかった。でも今はよくわかります。(ほんとにわかってるのか?) ごめんなさい。脱線しました。 ... 続きを見る

返信(1)

うわ~、めんどくさい、だから青春!

 もう、なんてめんどくさい。ワガママ! だけどその不安定な繊細さが、まさに思春期の甘酸っぱさ。  大人になったら経験値も増えて、笑って流せるところにもいちいちつっかかるのが、いやつっかかれるのがこの時期だけの特権。将来、こういう青春の1ページが虹色の記憶となって宝物になるんだよね。  こんな、ふわふわした微妙な気持ちを書けるなんて、そらまめさん素敵~~。

返信(1)

つづき読みたいです(^_-)-☆

たぶん、じゃなくて。お願いします(笑) 中学生の淡い恋、それも私の大好物幼なじみもの!  苺ちゃんの恋の行方が気になります。先輩がもう絡んでこないようで残念です。

返信(1)

苺ちゃん、かわいい!

苺ちゃん、かわいい!…この作品、いい意味でそらまめさんの肩の力が抜けている感じで、読んでいてとても楽しいです。もしかしたら、そらまめさんの作品の中でこれが一番好きかも。苺ちゃんの恋のゆくえ、気になります~(^^)/

返信(1)

たゆたう。

【たゆたう】[動ワ五(ハ四)]「ゆらゆらと揺れ動いて定まらない」 ……泳ぐのは苺の瞳なのか、それともその日々なのか。旬になったら僕も苺(とちおとめ)を頬張って、いや、そのときだけでなく、繰り返し読もうと思います、もぐもぐ。

返信(1)

そらまめさんへ

 久し振りのそらまめワールドでした。  凄い。   こんな発想脳裏の片隅にもありませんでした。  自分には絶対書けないけど、何か愉しいです。  どんどん読まされました。  続き読みたいです。

返信(1)

小説情報

ストロベリージャム

水瀬そらまめ  lunagon

執筆状況
連載中
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
学園・青春
タグ
初恋, 青春, 恋愛, 幼馴染, 学園
総文字数
10,157文字
公開日
2021年02月18日 12:07
最終更新日
2023年01月31日 09:08
ファンレター数
10