大正十年のメリークリスマス

作者 名月明

[恋愛・ラブコメ]

5

1,213

0件のファンレター

今年のクリスマスは許嫁で大好きな柚兄様に想いを告げたい……。
14歳の女学生・柊子は、そう願いながら、手作りのプレゼントを柚希に贈ろうとマフラーをこつこつと編んでいた。
でも、三歳年上の柚希は柊子を子供扱いばかりして……。
今も昔も恋する女の子の純愛は美しい。大正10年のクリスマス・ラブストーリー。

登場人物

風花 柊子 (かざはな とうこ)


ミッション・スクールのメイデン友愛女学校に通う14歳の少女。

はとこで許嫁の柚希のことを「柚お兄様」と呼んで慕っている。

千鳥 柚希 (ちどり ゆずき)


柊子の三歳年上のはとこで、昔から柊子のことを妹のように可愛がってきた。

柊子とは違う女性と婚約していたが、「ある事情」で柊子の許嫁となる。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

大正十年のメリークリスマス

名月明  naduki-akira

執筆状況
完結
エピソード
6話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
大正時代, 大正ロマン, 大正浪漫, 女学生, 年の差, 許嫁, サンタクロース, 聖夜
総文字数
18,588文字
公開日
2018年12月20日 17:12
最終更新日
2018年12月22日 16:43
ファンレター数
0