一般小説作品詳細

裁くべきは背を押す者

9|ミステリー|完結|1話|4,999文字

【名探偵】, 推理, 刑事

1,065 views

とあるビジネスホテルにて、警察による捜査が行われていた。
現場に急行したベテランの鳴上刑事、同じく渡辺刑事は、犯人と目撃者の『声が出せない』という状況に困惑していく。
そして明かされる驚愕の真実に、二人は為す術を失った。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

裁くべきは背を押す者

真摯夜紳士  night_gentleman

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
【名探偵】, 推理, 刑事
総文字数
4,999文字
公開日
2019年05月24日 11:52
最終更新日
2019年05月28日 18:51
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

真摯夜紳士  night_gentleman

初めまして、真摯夜紳士(しんしやしんし)と申します。
何か心に残す作品を目指し、日々文章力アップに努めております。
感想等をいただけると跳んで喜びます。

▼主な実績
第二回SNコン 第四位「探偵気取りの学級担任」
超・妄想コンテスト 第74回「今も忘れない」 準大賞「ドラマチックなタクシードライバー」
ヒューマンドラマ「変わる」 佳作「心の音は」
料理短編コンテスト 優秀賞「食わせたがりの姫と断食勇者」
その他 一次~最終選考は割愛

▼書籍情報
「自意識過剰探偵の事件簿」が一二三文庫様より発売中です。

同ペンネームでMAGNET MACROLINK、エブリスタにも投稿しております。

この作者の他の作品

小説

9|ミステリー|完結|1話|4,999文字

2019年05月28日 18:51 更新

【名探偵】, 推理, 刑事

とあるビジネスホテルにて、警察による捜査が行われていた。 現場に急行したベテランの鳴上刑事、同じく渡辺刑事は、犯人と目撃者の『声が出せない』という状況に困惑していく。 そして明かされる驚愕の真実に、二人は為す術を失った。

TOP