ああ、日常

[現代ドラマ・社会派]

237

36,092

83件のファンレター

*プチパロディです。
*この物語はフィクションです。
 登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
*各話読み切りの短編集。一部関連作あり。その29-30は連作です。
*「秘密の扉」は、種明かしとエッセイ的内容です。

目次

完結 全46話

2021年12月19日 00:44 更新

  1. その1  部屋でワイシャツの私2021年08月16日
  2. その2  なんとなく、クイスギル2021年08月16日
  3. その3  溶いてかける少女2021年08月21日
  4. その4  まだらの肝2021年08月22日
  5. その5  おくれびと2021年08月28日
  6. その6  風邪で友が去りぬ2021年08月29日
  7. その7  画面の独白2021年09月04日
  8. その8  昼間の賭け事2021年09月09日
  9. その9  ヤツを待ちきれなくて2021年09月11日
  10. その10 降雨とUFO2021年10月14日
  11. その11 牛蒡の意地2021年09月18日
  12. その12 親戚の虚信2021年09月19日
  13. その13 皿の危険日2021年09月25日
  14. その14 吾輩はコネである2021年09月26日
  15. その15 言わんの?バカ!2021年10月02日
  16. その16 あすやろう物語2021年10月03日
  17. その17 口臭のあなたに2021年10月09日
  18. その18 週五で寄る2021年12月19日
  19. その19 最低二万入る2021年10月19日
  20. その20 故障の神様2021年10月19日
  21. その21 となりのとろろ2021年10月23日
  22. その22 おちょこじゃつらいよ2021年10月24日
  23. その23 社畜の下2021年10月30日
  24. その24 ダメやん2021年11月05日
  25. その25 ふたりの「買って♡」2021年11月09日
  26. その26 延びたの今日言う?2021年11月07日
  27. その27 逃がすの、今日じゃ2021年11月15日
  28. その28 あんなカレーに、なあ。2021年11月14日
  29. その29 二十四のひがみ2021年11月20日
  30. その30 セーラー服と祈願中2021年11月21日
  31. 秘密の扉

  32. こまっても、ココマデヨ(その30まで)2021年11月23日
  33. こまったら、ココイチバン(その28まで)2021年11月18日
  34. こまったら、ココイチバン(その26まで)2021年11月11日
  35. こまったぞ、ココニキテ(その24まで)2021年11月04日
  36. こまったら、ココイチバン(その22まで)2021年10月28日
  37. こまったら、ココイチバン(その20まで)2021年10月22日
  38. こまったら、ココイチバン(その18まで)2021年10月21日
  39. こまったら、ココイチバン(その16まで)2021年10月07日
  40. こまったら、ココイチバン(その14まで)2021年09月30日
  41. こまったら、ココイチバン(その12まで)2021年09月23日
  42. こまったら、ココイチバン(その10まで)2021年09月16日
  43. こまったら、ココイチバン(その8まで)2021年09月09日
  44. こまったら、ココイチバン(その6まで)2021年09月04日
  45. こまったら、ココイチバン(その4まで)2021年08月26日
  46. こまったら、ココイチバン(その2まで)2021年08月19日
  47. 振り返れば俺がいる

  48. 最後の一話2021年11月27日

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

途中で気づきました

はじめまして。楽しく読みました。最初は作品の趣旨をよく見ずに読み始め、日常の小さいドラマっぽさやユーモアをオムニバスで描いていてすごいなあと感じていましたが、途中でタイトルがおや、と気づいてから、改めて読み返して爆笑しました。鈍感でした。タイトルセンスが秀逸ですね。「降雨とUFO」と「最低二万入る」はスタバのカウンターとかで読んでなくて良かった。確実に吹いてたと思います。おそらく村山さんは同世代(だと勝手に思ってます)なので、あるわあと共感しきりです。これからもたくさんの作品を読ませてください。

返信(1)

読了しました。

『おちょこじゃつらいよ』 男の一人暮らしあるあるですね。 確かに<おちょこ>でビールはつらすぎる! せめてお茶碗とか欲しい。 缶ではなく樽型のビールというのがポイントですね。 『社畜の下』 風刺の効いた話ですね。 最近、ブラック企業の闇がよく取りざたされます。 「電灯が反射する自分の頭を鏡で見つめながら、僕も思う。仕事って何だろう?」 『ふたりの「買って♡」』 経済の描写が細かく丁寧で、さすが村山様です。 どんなに財布も紐がきつくても、大事な人からのおねだりには抗え ... 続きを見る

返信(1)

その20まで拝読しました。

『皿の危険日』 綺麗なお話でした。タイトルが秀逸だと思います。 「お気に入りの皿を貴女に割られるから 第三土曜日は皿の危険日」は名句だと思います。 『吾輩はコネである』 名作古典の冒頭部分を上手く料理しましたね。 これも続きが気になります。 『あすやろう物語』 自分はあすやろう派です。 最も、あすやるつもりが、あさってになってしまう派になることもしばしばです(笑)。 『口臭のあなたに』 自分も口臭があり、元妻に注意されたことがあります。 離婚を切り出された原因は ... 続きを見る

返信(1)

ああ、無性 

村山様、『ああ、日常』を、その11まで拝読しました。 タイトルがダジャレになっているショート集ですね。 もしかして、先にタイトルを決めてから内容を作ったのでしょうか? 『部屋でYシャツの私』 ずぼらなサラリーマンかと思わせて、 実は学生だった――というオチで合ってますか? 『まだらの肝』 真鱈と斑をかけたオチが面白いですね。見事です。 『おくれびと』 話の続きが気になりました。 『画面の独白』 オチは途中でなんとなく予測できましたが、タイトルの元ネタが分 ... 続きを見る

返信(3)

有難うございました

今晩は。また夜中に活動しています。 最後までタイトルがパロデイになっていて、本当に面白かったです。 私はこの作品が好きです。小学生の淡い恋愛からサラリーマンの悲哀まで、短い文章でも十分に表現されていて素晴らしいと思いました。笑ったり、身につまされたり。なかでも、『親戚の虚信』と『言わんの、バカ』が特に印象に残りました。光嶋さん達の物語は青春の香りがして、心惹かれます。いつか、また光嶋さんに会えたら嬉しいです! 有難うございました。

返信(1)

今回のお話も素敵でした

一冊の本ができあがるところを見ることができた というような気持ちになっています。 ファンとしてオタ心的に振り返ってみると、作者の方の遊び心と創意工夫、もじり、パロディー、それでも一つひとつの物語にしっかりストーリーがあって。 ふふっと笑ったり、なにっ?! とプンプン怒りたくなったり(本気で、ではありません。遊び心に乗らせていただいているような感覚で…)、懐かしい気持ちになったり、考えさせられたり、学ばせていただいたり……。 そんな作品が「日常」というテーマで結びついている、と ... 続きを見る

返信(1)

待ってます!

今晩は! 夜中に失礼します。いつも夜中に活動しています。 完結ではないと読み、良かったと思いました。学生時代を懐かしく思い出したり、家庭生活の身近な話に笑ったり。楽しかったです。また、お願いします。 原田知世さん、可愛かったですね。今も若くてお綺麗です。

返信(1)

ココイチバン29,30

終わりましたね。お疲れさまでした。パロディのタイトル当ては正答率 17/30 5割6分6厘でした\(^o^)/ ▽今日たまたまNHKラジオを聴いたら、薬師丸ひろ子が出演していて、彼女の曲がいっぱいかかりました。澄んだ声でいいですね。聞き入ってしまいました。「セーラー服と機関銃」は彼女の最初の曲だったのですね(映画には前から出演していた。森村誠一の「野生の証明」観ました)最後がこれで良かった。 第二弾もあるようなので期待しています。

返信(1)

タイトルでハマって、笑うこと何度か

人を笑わすって、すごいことだと思います。 単なるパロディでなく、「とろろ」「言わんの?」みたいにしんみり、ほんのりするところが好きでした。「あんなカレーに、なあ」が不意打ちで、地味に自分のベスト3に入っています。 タイトルで考え、内容に入ってすんなり読める、ちょっとノスタルジックな味のある連載だったと思います。部屋でYシャツ、なんとなくクイスギル、辿っていくと懐かしいですね、ついこないだ始まったような…。村山さんの想い出を共有できる感じもしました。 何か名残惜しいですね、でも、笑いをありが ... 続きを見る

返信(1)

被るの悲劇

終わっちゃったのですね(泣) 私もタイトルを文字ってネタにするってのを時々やってますので、ネタが被らないように気を付けてました。 同じタイトルで被ると、とてもとても敵いませんので私には悲劇なんです(汗) 私の場合、オチに使っていますが、村山さんは出オチみたいに最初にドーンと持って来るのがすごい!と思ってました。 でもって、ネタとして完成してるタイトルに、見事に合致した良質の掌編が続くのですから、頭が上がりません。 とても楽しい連載、ありがとうございました。 お疲れ様でした!

返信(1)

小説情報

ああ、日常

村山 健壱  eternal_traveler

執筆状況
完結
エピソード
46話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
短編集, 日常生活, パロディ, ボキャブラ, そら耳
総文字数
32,652文字
公開日
2021年08月14日 14:50
最終更新日
2021年12月19日 00:44
ファンレター数
83