一般小説作品詳細

にじのママ

7|現代ドラマ・社会派|完結|1話|2,532文字

【お仕事小説】

258 views

夫婦と娘三人の家庭を切り盛りする宏実は、小説を書くのが趣味。投稿小説サイトにときどき作品を上げ、サイト内のコンテストにも時間が許す限り挑戦している。
あるコンテストで提示されたお題「世界に一つのお仕事小説について、大きな勘違いをしていた宏実は、ちょっとしたピンチに立たされる。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

にじのママ

宮島荘永  easaka-miyaei

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
【お仕事小説】
総文字数
2,532文字
公開日
2019年06月09日 02:52
最終更新日
2019年06月12日 12:41
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

宮島荘永  easaka-miyaei

この作者の他の作品

小説

6|学園・青春|連載中|73話|168,526文字

2019年09月17日 07:00 更新

ミステリー, 推理, マジック, マジシャン, 手品, 奇術

 サクラこと佐倉萌莉は小学五年生。従兄弟の影響もあって、マジックに興味を持ち始めた。新しくサークルを作りたいが、それには少なくとも五人集めなくちゃいけない。    ――――――――――  ジャンルは現時点で未決定です。...

小説

3|ミステリー|完結|1話|4,199文字

2019年09月11日 09:48 更新

パロディ, ショートショート, ダイイングメッセージ, ミステリ, 探偵, 推理

金田一と明智がパーソナリティを務めるラジオ番組で、第一回こんなダイイングメッセージは嫌だ!コンテストを開催。集まった作品から選ばれた十二のネタを、ダイイングメッセージ物の抱える難点に触れながら見ていきます。

小説

3|学園・青春|完結|2話|7,624文字

2019年09月05日 07:00 更新

ミステリ, トリック, 奇妙な味, 変格, 行方不明

...

小説

3|学園・青春|完結|1話|6,228文字

2019年08月09日 07:00 更新

ミステリー, 超能力, 奇妙な味, 変格

“僕”は十歳ぐらいの頃から殺人のあるテレビドラマを見て、すぐに犯人が分かるようになった。それどころか、実際に起きた事件でさえ、未解決の時点で、犯人が分かることさえある。こういう超能力を持ったのだとしたら、ぜひとも世のために役...

小説

7|ミステリー|完結|5話|11,824文字

2019年08月01日 09:02 更新

ミステリ, トリック, 手掛かり, 動機, 偶然

砂漠の真ん中で嵐に巻き込まれ、遭難した四人の学生。三日後の救助を信じ、乏しい食料や飲み物を分け合う算段を立てる。が、女一人に男三人という内訳が、ぎくしゃくとした空気を呼ぶ。それでもどうにか生還の可能性が現実味を帯びてきたとき...

小説

7|ミステリー|完結|1話|3,196文字

2019年07月19日 07:00 更新

ミステリー, ショートショート, 奇妙な味, パロディ, 掌編

兄に金の無心に来たつもりが、とうの兄が首吊りの状態で死んでいるところを見付けてしまった“私”。兄は生命保険の受取人を“私”にしてくれていたが、このまま自殺として処理されると、一銭も払われない可能性がある。このままにはしておけ...

小説

7|その他|完結|1話|2,584文字

2019年07月18日 07:00 更新

ミステリー, ダイイングメッセージ, 奇妙な味, パロディ

目が覚めると“私”は床に半身で倒れ伏しており、頭の強烈な痛みに顔をしかめた。多量の血が出ていて、身体を動かせない。しかも、目の前の床には、覚えのないダイイングメッセージらしき血文字が。どうやら“私”は殺され掛けたらしい。血文...

小説

7|その他|完結|1話|4,836文字

2019年07月09日 07:00 更新

【木村なつみ】

若い女性がやっているアクセサリーのお店に、幼馴染みの男が来てプレゼントを渡していると、いわゆる不良っぽい連中がやって来て、商売をやめろと警告を出す……そんな感じの話です。...

小説

3|ミステリー|完結|1話|8,123文字

2019年07月05日 07:00 更新

ミステリ, 推理, 奇妙な味, 毒殺, 古畑任三郎

イチローに憧れた男は、かつていじめられっ子だった。彼は某ドラマで殺人犯役を演じたイチローに倣い、毒の付いたラムネ菓子を相手に選ばせる殺害方法で、かつていじめてきた連中十名の殺害を試みる。

小説

7|ミステリー|完結|1話|6,243文字

2019年07月04日 07:00 更新

密室, トリック, 奇妙な味, 変格

推理作家の卵である中西は、どうしても別れないという恋人を始末するしかないと決心した。自殺に見せ掛けて殺害すべく、現場を密室にするトリックがほしい。そこで、アマチュア推理作家仲間で後輩の南島に、さも創作で悩んでいる風を装って、...

TOP