一般小説作品詳細

にじのママ

3|現代ドラマ・社会派|完結|1話|2,532文字

【お仕事小説】

96 views

夫婦と娘三人の家庭を切り盛りする宏実は、小説を書くのが趣味。投稿小説サイトにときどき作品を上げ、サイト内のコンテストにも時間が許す限り挑戦している。
あるコンテストで提示されたお題「世界に一つのお仕事小説について、大きな勘違いをしていた宏実は、ちょっとしたピンチに立たされる。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

にじのママ

宮島荘永  easaka-miyaei

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
【お仕事小説】
総文字数
2,532文字
公開日
2019年06月09日 02:52
最終更新日
2019年06月12日 12:41
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

宮島荘永  easaka-miyaei

この作者の他の作品

小説

3|学園・青春|連載中|27話|74,156文字

2019年06月18日 07:00 更新

ミステリー, 推理, マジック, マジシャン, 手品, 奇術

 サクラこと佐倉萌莉は小学五年生。従兄弟の影響もあって、マジックに興味を持ち始めた。新しくサークルを作りたいが、それには少なくとも五人集めなくちゃいけない。    ――――――――――  ジャンルは現時点で未決定です。...

小説

3|現代ドラマ・社会派|完結|1話|2,532文字

2019年06月12日 12:41 更新

【お仕事小説】

夫婦と娘三人の家庭を切り盛りする宏実は、小説を書くのが趣味。投稿小説サイトにときどき作品を上げ、サイト内のコンテストにも時間が許す限り挑戦している。...

小説

3|ミステリー|完結|1話|4,792文字

2019年06月02日 02:37 更新

【名探偵】, 推理, 手掛かり, 凶器, 台詞のみ

雪が降ったあとの加藤邸で、殺人事件が発生する。目撃証言及び状況から、犯人は離れに一人でいた矢島しかいないように思われた。...

小説

3|ミステリー|完結|1話|4,998文字

2019年05月30日 10:35 更新

【名探偵】, 推理, 手掛かり, ロジック

 学生の頃からの友人四人で、連休の三日間を当て、別荘で楽しもうとしていた。ところが二日目の夕刻、食事の準備中に一人が遺体で見付かる。自分の部屋で首を吊った状態で発見されたのだ。...

小説

3|ミステリー|完結|1話|3,817文字

2019年05月07日 23:15 更新

ミステリ風, 推理, 奇妙な味, 変格, モノローグ

とあるバーでの話。 次の一杯を謝礼に、“どうしてこんなタイミングで?”という経験談を聞きたがる男。 はてさて、男の思惑は一体?

小説

3|ミステリー|完結|1話|3,082文字

2019年05月04日 02:06 更新

アリバイ, 異世界, 密室, パロディ

 殺人容疑で取り調べを受ける男。死亡推定時刻のアリバイを問われてもだんまりを通していた彼だったが、刑事のなだめすかしについに折れる。信じて&怒らないでとしつこいくらいに念押しした上で、ようやく述べたアリバイとは……。

小説

3|その他|連載中|1話|964文字

2019年05月02日 23:47 更新

ミステリ風, 状況設定, 奇妙な味, 変格, 偶然

 実際にこんなことが起きたらどう展開するんだろうと想像を巡らせるも、物語として結実しません。  とりあえず、状況設定のメモ書きレベルですが、書いておきたくて。...

チャット

4|ミステリー|完結|1話|2,730文字

2019年05月01日 00:00 更新

刑事, 令和, ダイイングメッセージ, 平成

平成から令和に時代が移った直後に殺された男。彼が残したダイイングメッセージは018?

小説

3|ミステリー|完結|1話|3,956文字

2019年04月30日 01:09 更新

【許せない】, ネット, 奇妙な味, 変格

『社会が悪い、マスコミが悪い、ネットが悪い。でも、私は悪くない。』  本当に?

小説

3|ミステリー|完結|1話|3,082文字

2019年04月29日 01:36 更新

ミステリー, 推理, ダイイングメッセージ, 変格, 倒叙

二年前に別れたパートナーに刺された推理作家の坂井未来。死を覚悟したとき、犯人を告発するべく、名前を残そうと知恵を絞るが。

TOP