【ゆっくりノベル】 La Résistance ~奴らはマキザールだ~

[歴史]

8

294

0件のファンレター

【赤いベレー帽に気をつけろ。奴らはマキザールだ】


私ヨハンが、マルセイユに赴任して最初に聞かされたのが、マキザールという言葉だった。

最初この言葉を聞いた時、私はマキザールをよくある地下組織しか思っていなかった。

国家から頂戴した胸の鉄十字勲章を親指で叩きながら、軽く笑って流しただけだった。

マルセイユは食事も美味く街の人も親切であり、日夜飛び交う銃弾の音もない。

私の気持ちの半分は、バカンスだった。

そう。1944年8月25日。あの日までは……。


―――――――――――

※この作品は
・ハーメルン
・アルファポリス
・ノベルアップ+
・Novel Days
で掲載されております。

目次

完結 全2話

2021年07月05日 11:31 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

【ゆっくりノベル】 La Résistance ~奴らはマキザールだ~

ゆっくりノベル  Yukkuri_Novel

執筆状況
完結
エピソード
2話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
ゆっくりノベル, 短編, 歴史, 泣ける, ダーク, ラジオ, どんでん返し, 第2次世界大戦, フランス, 感想募集
総文字数
10,604文字
公開日
2021年05月14日 12:09
最終更新日
2021年07月05日 11:31
ファンレター数
0