チャットノベル作品詳細

陰キャな俺が、クラスの天才カリスマJKとyoutuberやってみた

52|恋愛・ラブコメ|連載中|31話|81,288文字

youtuber, ユーチューバー, ラブコメ, 神戸, 青春, 天才, 学園, ネット, 炎上, 恋愛

11,242 views

 これといった才能もなく、当然クラスでの人気もない。
 でも何者かになりたい!! 
 そんなぼっちで陰キャの男子高校生の俺。

 自意識を持て余し小説でも書いて、ネット上での人気を得ようと画策中のある日。
 同じクラスのカーストトップに君臨するカリスマJKに、小説のことがバレてしまった!
 やばいゆすられる!と思いきや、
 彼女からある計画を打ち明けられた。


「ユーチューバーになって天下取りましょう!」


「は?」と思いつつも、
 クソザコ委員長や腹黒優等生など、個性豊かなキャラクターたちを巻き込みつつ、
 俺は次第に仲間と協力してなにかを創る楽しさを発見していく。

 すべての表現者に送る青春ラブコメ!!

 小説版はこちらをどうぞ→ https://novel.daysneo.com/works/10227bf629199493b2a043026eaf39ca.html

もくじ

登場人物紹介

俺《おれ》

特にこれといった才能もない、陰キャぼっちの男子高校生。


神戸 ひかり《かんべ ひかり》

天才カリスマJK。

二ノ宮 早苗《にのみや さなえ》

ポンコツ委員長。やればできる子。

御影 健二《みかげ けんじ》

腹黒優等生。影で努力してるタイプ。

小説情報

陰キャな俺が、クラスの天才カリスマJKとyoutuberやってみた

小鳥遊よだか  takanashi_yodaka

執筆状況
連載中
エピソード
31話
種類
チャットノベル
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
youtuber, ユーチューバー, ラブコメ, 神戸, 青春, 天才, 学園, ネット, 炎上, 恋愛
総文字数
81,288文字
公開日
2019年05月21日 20:27
最終更新日
2019年06月30日 17:00
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

小鳥遊よだか  takanashi_yodaka

小鳥遊(たかなし)よだかです!

趣味で小説やブログを書いてる、小説家志望です。
今まで純文学の新人賞を目指して書いてきましたが、ここでは心機一転、ラノベに挑戦したいと思います!

仕事終わりにほそぼそと書いてますので、何卒よろしくお願いします!

twitter:@takanashiyodaka
よだかの執筆の進捗状況がわかるよ!

この作者の他の作品

小説

3|恋愛・ラブコメ|完結|3話|12,839文字

2019年08月18日 21:10 更新

切ない, 猫耳, 犬, もふもふ, 恋愛, 家族, 悲恋, 泣ける, 大学生, ペットロス

 孤独な大学生の「僕」の元に、ある日、謎の猫耳の女の子が現れた!?  全く見覚えなんてないというのに、彼女は「僕」を知っているという。  そんな彼女との一日を過ごすうちに、「僕」は忘れていたぬくもりを思い出して――。...

チャット

52|恋愛・ラブコメ|連載中|31話|81,288文字

2019年06月30日 17:00 更新

youtuber, ユーチューバー, ラブコメ, 神戸, 青春, 天才, 学園, ネット, 炎上, 恋愛

 これといった才能もなく、当然クラスでの人気もない。  でも何者かになりたい!!   そんなぼっちで陰キャの男子高校生の俺。  自意識を持て余し小説でも書いて、ネット上での人気を得ようと画策中のある日。...

小説

3|恋愛・ラブコメ|完結|28話|89,400文字

2019年05月19日 12:41 更新

AI, 人工知能, 幼なじみ, アンドロイド, SF, 大学生, シンギュラリティ, 泣ける, 切ない, 令和

この春、大学生になったばかりの戒能俊はそれなりにキャンパスライフを謳歌していた。 友達は多いわけじゃないが、料理をつくりに来てくれる幼なじみの女の子がいて、気ままな一人暮らしを満喫していた。...

小説

6|恋愛・ラブコメ|完結|33話|99,738文字

2019年01月12日 18:46 更新

youtuber, ユーチューバー, ラブコメ, 神戸, 青春, 天才, 学園, ネット, 炎上, 恋愛

 これといった才能もなく、当然クラスでの人気もない。  でも何者かになりたい!!   そんなぼっちで陰キャの男子高校生の俺。  自意識を持て余し小説でも書いて、ネット上での人気を得ようと画策中のある日。...

小説

3|学園・青春|完結|15話|51,341文字

2018年10月29日 18:00 更新

青春, バンド, 軽音部, ベース, 平成, 部活, 音楽, 純文学, 大阪, 関西弁

平成15年、春。 早坂誠は高校生になった。 無難に地元の公立校に進学した誠には、特にこれといってやりたいことなどなく、 高校に入学したとて中学時代の延長線のような日常が思いやられ、なんとなくやるせない。...

TOP