shura  わたしはあなたを許さない

作者 根本起男

[ミステリー]

17

2,520

0件のファンレター

 銀行のエレベーターが急停止した。乗り合わせたのは、経営企画室次長の笛吹ら四人。スピーカーから声が聞こえる。「笛吹が持つ紙袋に入れたスマホのメルアドを教えろ」。笛吹は青ざめる。紙袋にはスマホが起爆装置となる爆薬が入っていた。笛吹は、暴力団の資金洗浄に手を貸しており、それを知った部下を爆殺しようとしていたのだ。
 おなじころ山形の山中では、電子機器会社の副社長・白石が、下請け工場の社長で中学の同級生でもある夏崎と遭難していた。夏崎は白石を連れまわすように山中を彷徨する。
 笛吹が爆弾を使うことは、アラブのテロ組織に潜入する捜査官のサナエがつかんでいた。彼女は以前、組織に家族を殺され、復讐のために潜入捜査官となっていた。笛吹を追うサナエは、笛吹が家族を殺した犯人を知っていることをつかむ。都心と地方の山中で起きる同時進行のサスペンスのなか、サナエはとてつもない事件の真相に迫っていく。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

shura  わたしはあなたを許さない

根本起男  koji3086

執筆状況
完結
エピソード
10話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
【骨太小説】, ヒロイン, テロリズム, 復讐
総文字数
165,503文字
公開日
2018年09月17日 21:31
最終更新日
2019年08月15日 07:31
ファンレター数
0