血塗られた矜持

[歴史]

29

598

2件のファンレター

15世紀ルーマニア、大国オスマン・トルコと戦ったワラキアの王ヴラド・ツェペシュの物語。

目次

完結 全1話

2021年02月22日 00:21 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

まってましたよ!

2000字歴史はよくも悪くも個々の力量さが浮き彫りになるジャンルですが、こちらは「さすが」としか言いようがない ウラドの決意が行間から読み取る事が出来ます。 串刺し公と言われたウラドですが、彼は救国の英雄でもある。ウラド残忍さではなく矜恃に目を向けた小作として、綺麗にまとまっております。私とのこの違い!

返信(1)

溜め息が……

2000字以内で書かれたとは思えない読みごたえです。 筆者の巧みな文章力でヴラドの懊悩や緊張感やピリピリした空気が伝わって来るような気さえします。 佳き物を読ませていただき、ありがとうございます。

返信(1)

小説情報

血塗られた矜持

神崎あきら  akira_kanzaki

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
【2000字歴史】, ドラキュラ, ヴラド・ツェペシュ
総文字数
1,996文字
公開日
2021年02月21日 23:17
最終更新日
2021年02月22日 00:21
ファンレター数
2