せんぷうきはまわってる

[学園・青春]

156

28,972

43件のファンレター

夏休みが終わり、そして次の日。
色んな思いで過ごす子ども達。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ふたたびのパーカーの「青」

第一回と同じ「青いパーカー」のタイトルが繰り返される第24話。 この二つのパーカーの「青さ」の間に、いろいろな出来事、さまざまな感情、そしていくつもの「色彩」があったなあ…と思いました。 二葉ちゃんの身と心に起こった変化――それは、決して簡単に「成長」などと呼べるものではないですよね。二葉ちゃんは一種の「人間不信」に陥ってしまったし、これからの人生でも、この出来事が何度もフラッシュバックして、苦しむことになるに違いないのですから……。 佑衣さんは「謝る」機会を得ることによって、ある ... 続きを見る

返信(1)

青いパーカー、再び

しおむすびさん、こんばんは。 二葉ちゃんのご両親、立派ですね。親の出る幕というのは本当に難しいな、と思いますが、こういう事態になってしまうとむしろ親の出方が結果を左右しますね。もちろんこのように仕組める学校側も。つい学校を責めてしまいますが、学校だっていろいろやってくれているのですよね。といいつつ龍太の小学校は……。 そして、佑衣と美夏との違いが痛い。いや、美夏本人の気持ちを親が汲めない、ということか? ここは次作以降に期待していいでしょうか? 引き続き、楽しみにしております!

返信(3)

真紅

しおむすびさん、こんにちは。「真紅の炎」を拝読しました。 二葉ちゃんも、佑衣も、そして二葉ちゃんの親御さんも、心境がリアルであり、素直に表現されていると感じました。 だから余計に、そんなに全部言えるかよっ! と突っ込みたくなるかもしれませんが、 二葉ちゃんの「どうしてほしいのか」「どうしたいのか」分からない、があることでもうこれは現実の世界だと思いました。 このような場面、本当に、どっちも分からないと思います。 形の上で仲良くできるとしても、心から信用はおそらくもう、無理でしょ ... 続きを見る

返信(3)

悪意の連鎖を断ち切る強さを……

辛辣なことをいってしまえば、その場にいて、助けることをせず見ているだけでも加害者のうちのひとりになってしまうのですよね。 「沈黙は肯定」というように、なにもしなければ見殺しにしているのと同じことで。 その場に存在している以上、なんらかの意思表示をしなければならない。 でもそれは、おとなであっても難しいことですし、ましてや十代の少女たちに課するには、あまりに荷が重いもので。 渦中の被害者である二葉ちゃんが「もし自分が相手の立場だったら止められたのかな」と思いを巡らせることができるのはす ... 続きを見る

返信(3)

メラメラ、燃え上がる

しおむすびさん、こんにちは! レモンイエローの回を読み、さらに激昂してしまった私…そして『真紅の炎』へ。 あぁ、しおむすびさんのこの素敵な優しい世界に現実的な感情を持ち込んで良いものか…もっと落ち着いて読まなければ…と思って自分をクールダウンさせてまた読むのですが、聞けば聞くほどまた「クッソ~!」となってしまいました。私の中でもガンガン炎が燃え上がっています! レモンイエローでは「みんなの前で…」とか、そんなこと言ってる場合じゃないだろー!と、美夏にはもう怒りを通り越し…(~_~; ... 続きを見る

返信(1)

レモンイエロー

しおむすびさん、こんばんは。 今回は深いお話になりましたね。ここまで正直に話せるとなれば、二葉と佑衣は親密になれる可能性がありますね。 いや、実は信頼し合っているからこそ、なのかもしれないですね。 一方、美夏自身の言葉で語られている訳ではないので、この後別の展開が待っているのかも……と妄想しています。 引き続き、期待して待っています!

返信(1)

レモンイエローの月

毎回更新される度に、すぐ読まずにはいられません。 それだけ強く深く、この物語に惹きつけられています! 小説の視点を二葉ちゃんに固定しながらも、決して過度に感情的になることなく、佑衣、美夏が一体何を考えていたのか、なぜ二葉ちゃんにあんなひどいことをしたのか、それが冷静に明らかにされていく過程が、まるで推理小説の解決篇を読んでいるようで、ぐいぐい引き込まれました。 しかも、この作品のすごいところは……二葉ちゃんが自分の心理までも客観的に、時には疑いの眼差しで見つめているところだと思います。 ... 続きを見る

返信(1)

灰色から鈍色へ。それでもせんぷうきはまわりつづける。

鈍色の雲まで読み進めました。僕が住んでいる町には〈茨城ROBOTS〉という社会人バスケチームがあったり、高校時代、演劇部の公演がある前の晩は必ず井上雄彦先生の『スラムダンク』を全巻通して読んでから眠って、気合いを入れて舞台に立っていたので、バスケっていうのが、僕にとっては特別なスポーツなのです(ずいぶん買うのをおろそかにしてしまっていますが、その井上雄彦先生のバスケ作品『リアル』もまた、名作中の名作なので、未読でしたら是非読んでみてください。タイトル通りヘヴィーですけどね)。THE HIGHーL ... 続きを見る

返信(3)

悔しい~

ああー!もう入り込んでしまい、クッソ~!!と思いながら美夏の理由、読みました。終始「クッソ~!!」と、ものすごく悔しかったですo(T□T)o 私もここまでひどいことはされたことないですが、幼なじみといただけで二葉ちゃんと同じ目に遭ったことがあります。なので、あの頃の思いが沸き上がり、クッソ~!と思いました。 全然優しい気持ちで見てあげることができず、ひたすら二葉ちゃんの立場になり、本当、恋が絡んでれば何でも許されると思うなよー!と思います。 誰か止めろよー!とも思います。 そして ... 続きを見る

返信(1)

鈍色

しおむすびさん、おはようございます。 美夏のお話、拝読しました。想像以上に複雑な思いが渦巻いての結果だったという点に、二葉ちゃんと同じく驚き、衝撃を受けながら……。 佑衣がすべて把握しているのが、むしろかわいそうになってきました。知ってて止められないのも、かなりしんどいでしょうに。 そして、あおい……。 次もお待ちしております。焦らせるつもりはないですから、じっくりと。有り難うございました!

返信(1)

小説情報

せんぷうきはまわってる

しおむすび  shiomusubi

執筆状況
連載中
エピソード
24話
種類
一般小説
ジャンル
学園・青春
タグ
夏休み, 中学校, 女子, 友達, グループライン, 部活
総文字数
37,054文字
公開日
2021年08月15日 01:59
最終更新日
2023年02月03日 15:33
ファンレター数
43