帰りの会はいつも炎上

[恋愛・ラブコメ]

27

1,991

4件のファンレター

私と学級委員長の真山君は、中学受験を控えている。やる気をどこかに置き忘れた高野先生、ふざけたがる男子に面倒くさい女子、6年2組の帰りの会は今日も炎上中。

目次

完結 全1話

2022年05月29日 11:06 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

充実の2000字

こんばんは。今日はこちらを読ませていただきました。 小学校ものの恋愛作品ですね。クラスの中の様子がとてもよく伝わりますね。 ラストにおける君島さんの描写、こちらもニヤニヤしてしまいましたよ。 自作だとやっぱり男子視点なので、こうはいきません。が、参考にさせていただければ幸いです。 それにしても、(現実でも)小学校ってどうして「あー、こういうやついるよね」キャラたちがうまく配分されているのでしょうね。 正義の渡辺さんも、何故か綽名で呼ばれるヒロイン鈴木さんも、絶対いました。そして ... 続きを見る

返信(1)

おませな小学生!

なーんと生意気な奴らだ(笑)! キャラの書き分けがお見事。そして何でも先生に言いつけようとする、小学生ならではの生態によくぞ着目されました。面白かったです! 大事なところでびしっと言える真山くんはかっこいいですね。二人は別々の中学校に進学することになってもうまくいきそうです^^。

返信(1)

すっごく面白い!

すっごく面白かったです!たった2000字の中に、6年2組の面々が生き生きとユーモアたっぷりに、しかも小さな恋の顛末もしっかり描かれていてすごいです!特に渡辺さんのキャラと描写が秀逸!…これ、短篇連作か、長篇で読みたいなあ~←6年2組の子供たちが魅力的すぎて、「ぜひまた会いたい!」という意味です^^

返信(1)

キャラ立ちがすごい!

最高に面白いですね! キャラが立ってて素敵です。私は善意と正義の破壊神、渡辺さんが大好き。刀を抜いた、もろもろの一文が私の笑い袋のスイッチを入れて大変でした。キャラを立たせるには初期設定だけでなく、たたみかける描写攻撃が大切だなあ、と再認識。勉強になりました! 

返信(1)

小説情報

帰りの会はいつも炎上

佐久田 和季  202004

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
【2000字恋愛】, 初恋, ほのぼの
総文字数
1,920文字
公開日
2020年09月22日 12:44
最終更新日
2022年05月29日 11:06
ファンレター数
4