一般小説作品詳細

サンタクロース包囲網

13|SF|完結|1話|3,673文字

【名探偵】

487 views

満天の星空のもと、愛娘にサンタクロースの居場所を尋ねられたパパさん。現代物理学を駆使してサンタさんの存在可能性を立証すべく、パパさんの名推理が冴える!

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

サンタクロース包囲網

本宮晃樹  1984sf

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
【名探偵】
総文字数
3,673文字
公開日
2019年05月06日 21:07
最終更新日
2019年05月12日 01:29
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

本宮晃樹  1984sf

性別 男性
職業 輸出入関係のサラリーマン
身長 172cm(サバ読んで)
体重 55kg(そろそろ維持がしんどい)
容姿 頬のあたりだけ嵐の二宮(だそうです)
趣味 登山(もうやめたい)

この作者の他の作品

小説

2|SF|完結|1話|4,967文字

2019年06月24日 15:52 更新

【お仕事小説】

二十一世紀末、国家は安上がりな民間代行会社に戦争をアウトソーシングしていた。殺人狂の集まりだと誤解されがちな彼らがひそかに温めている、誇りと矜持とは。

小説

2|SF|完結|1話|4,983文字

2019年06月16日 01:50 更新

【お仕事小説】

人類唯一の生き残りである軌道周回基地〈エスペランザ〉の人びとは、小惑星から炭素を採掘することで命脈を保っていた。枯渇するいっぽうの炭素を確保すべく、坑夫たちは一か八かの賭けに打って出る。

小説

2|社会・思想|完結|1話|4,755文字

2019年06月09日 01:52 更新

【お仕事小説】

〈カリスマ・ニート〉城島武志は、ニートたちが住みよい日本を作るべく立ち上がる。嗚呼すばらしき哉、無職!

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,998文字

2019年06月03日 23:42 更新

【お仕事小説】

輸入禁止貨物を専門に扱う違法通関業者に勤める日下部は、担当している未認可薬剤の現物検査に立ち会う破目に。果たしてしょっぴかれることなく輸入できるのか? アウトローたちのお手並みやいかに。

小説

2|ミステリー|完結|1話|4,830文字

2019年05月26日 23:48 更新

【名探偵】

山岳遭難の捜索に駆り出された日下部は、事故の経緯に疑問を持つ。果たして大学生パーティの遭難は本当に「事故」だったのだろうか。

小説

2|SF|完結|1話|4,932文字

2019年05月20日 00:43 更新

【名探偵】

量子力学的な重ね合わせにより不死性を獲得した〈メトセラ人〉たち。いまだかつて誰も死んだことのない星で、殺人事件が起きた! 不死身の人間が死んだ理由とは。

小説

13|SF|完結|1話|3,673文字

2019年05月12日 01:29 更新

【名探偵】

満天の星空のもと、愛娘にサンタクロースの居場所を尋ねられたパパさん。現代物理学を駆使してサンタさんの存在可能性を立証すべく、パパさんの名推理が冴える!

小説

2|SF|完結|1話|4,095文字

2019年05月12日 01:22 更新

【名探偵】

ポンコツ宇宙船が難破し、3人のクルーは酸素不足によって物語の都合上、かっきり3日後に窒息する運命に追い込まれた。彼らが導き出したどうにもファジーな〈生温かい方程式〉とは。

小説

2|科学|完結|1話|3,436文字

2019年04月29日 22:58 更新

【許せない】

満員電車の経済厚生を悪化させる大学生を懲らしめるため、一人のサラリーマンがゲーム理論を武器に立ち上がった!

小説

2|社会・思想|完結|1話|4,926文字

2019年04月28日 23:17 更新

【許せない】

年号の改定で国に愛想が尽きた森村氏は、やがて押しも押されぬリバタリアンへと変貌を遂げる。彼が目指した究極の自由とはいかに。

TOP