天空の庭はいつも晴れている

作者 宮崎純嘉

[その他]

5

2,147

0件のファンレター

 辻占いの孤児ルシャデールは、その霊能力を買われて神和師トリスタン・アビューの養女に迎えられる。しかし、生まれる前に父が失踪し母に虐待された生い立ちは、彼女を孤独で人嫌いな少女にしていた。
 アビュー屋敷でルシャデールはアニスという少年と出会う。一番下っ端の召使として働く彼は、豪雨災害で家族を失い、恐怖の記憶と深い悲嘆にさいなまれていた。
 ルシャデールは彼に言う。
「人は死なない」
 寂しさと不安を互いに見出した時、二人は密かに計画を立てはじめる。
 天空の庭と呼ばれる、冥界ユフェリの花園へ。
 アニスの家族に会いに行くのだ。

紙書籍版あります! ラクマにて販売中。  https://item.fril.jp/466c62439f305709af9dfa889fa60c9
A5版 294ページ ¥1700(送料込)

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

天空の庭はいつも晴れている

宮崎純嘉  sasakoba

執筆状況
完結
エピソード
15話
種類
一般小説
ジャンル
その他
タグ
ヒューマンドラマ, 異世界, 死, 家族, 親子, トラウマ, 悲しみ, 泣ける, 感動, 愛
総文字数
143,131文字
公開日
2019年07月22日 07:10
最終更新日
2019年08月07日 14:26
ファンレター数
0