トップシークレット☆ ~お嬢さま会長は新米秘書に初恋をささげる~

[恋愛・ラブコメ]

9

7,770

0件のファンレター

6月某日、梅雨なのによく晴れたある日――。一人のウェディングドレス姿の花嫁が、新宿の結婚式場で式を挙げようとしていた。
彼女の名前は篠沢(しのざわ)絢乃(あやの)。19歳の若さで大財閥〈篠沢グループ〉の会長を務めている。そして、彼女が結婚する相手は桐島(きりしま)貢(みつぐ)。絢乃より8歳年上で、会長付秘書を務めている青年で、彼女の初恋の相手でもある。
彼女は控室で、桐島との出会いから結婚に至るまでの経緯を思い返していた。

二人の出会いは20ヶ月前の秋。財閥の前会長だった絢乃の父、源一の誕生日パーティーの席でだった。この時すでに体調に異常をきたしていた絢乃の父のことを心配し、病院での受診を提案したのが当時総務課の平社員だった桐島なのだ。
彼のおかげで、父が末期ガンで闘病ののち逝去するまでの3ヶ月間を有意義に過ごすことができたと、絢乃は感謝していた。
父亡きあと、遺言で会長に就任することになった絢乃は、葬儀の日に送迎を担当した桐島に「自分に会長が務まるのか」と弱音を吐く。そんな彼女を支えるべく、桐島は「自分が秘書になります」と宣言。会長選任の取締役会でひと悶着あったものの、絢乃の母で篠沢家当主の加奈子が会長代行を務めることで承認を得、無事に絢乃が会長に就任した。

会長に就任したあとの絢乃はまだ現役の高校生だったこともあり、慌ただしい二足のワラジ生活を送っていた。桐島はそんな彼女を献身的に支え、送迎まで買って出る。
絢乃はいつしか、彼の存在に安心感を抱くようになるけれど、それが何という感情からくるものなのか分からなかった。
友人の中川(なかがわ)里歩(りほ)の指摘で、絢乃は初めて知った。それが恋なのだと――。
そして、絢乃は桐島の兄・悠(ひさし)の登場により、桐島もまた、自分に対して特別な想いを抱いていることを知り――。

高校卒業後、会長職に専念することにした絢乃は、恋人となった桐島との結婚願望を抱くけれど、彼はなかなかプロポーズしてくれず――?

目次

完結 全55話

2022年03月26日 14:13 更新

  1. プロローグ

  2. プロローグ2022年03月26日
  3. 第1章 出会い~会長就任

  4. 父の誕生日 ①2021年09月07日
  5. 父の誕生日 ②2022年03月07日
  6. 父の誕生日 ③2022年03月07日
  7. 覚悟と恋の自覚 ①2022年03月07日
  8. 覚悟と恋の自覚 ②2022年03月07日
  9. 覚悟と恋の自覚 ③2022年03月07日
  10. 覚悟と恋の自覚 ④2022年03月07日
  11. 覚悟と恋の自覚 ⑤2021年09月07日
  12. 遺言…… ①2022年03月07日
  13. 遺言…… ②2022年03月07日
  14. 遺言…… ③2022年03月07日
  15. 遺言…… ④2022年03月07日
  16. わたしと彼の決意 ①2022年03月07日
  17. わたしと彼の決意 ②2022年03月07日
  18. わたしと彼の決意 ③2022年03月07日
  19. わたしと彼の決意 ④2022年03月07日
  20. 第2章 恋する財閥会長

  21. 戦闘服は制服! ①2022年03月07日
  22. 戦闘服は制服! ②2022年03月07日
  23. 戦闘服は制服! ③2022年03月07日
  24. 恋も、仕事も ①2022年03月07日
  25. 恋も、仕事も ②2022年03月08日
  26. 恋も、仕事も ③2021年09月08日
  27. 恋も、仕事も ④2021年09月08日
  28. キスの答え ①2022年02月21日
  29. キスの答え ②2022年03月08日
  30. キスの答え ③2022年03月07日
  31. キスの答え ④2022年03月08日
  32. キスの答え ⑤2022年03月07日
  33. 第3章 秘密の格差恋愛

  34. 会長としてすべきこと。 ①2022年03月08日
  35. 会長としてすべきこと。 ②2022年03月08日
  36. 会長としてすべきこと。 ③2022年03月08日
  37. 会長としてすべきこと。 ④2022年03月08日
  38. 会長としてすべきこと。 ⑤2022年03月08日
  39. 会長としてすべきこと。 ⑥2022年03月08日
  40. 住む世界が違う? ①2022年03月09日
  41. 住む世界が違う? ②2022年03月08日
  42. 住む世界が違う? ③2022年03月09日
  43. 住む世界が違う? ④2022年03月08日
  44. 住む世界が違う? ⑤2022年03月08日
  45. 雨降って…… ①2021年11月05日
  46. 雨降って…… ②2022年03月09日
  47. 雨降って…… ③2022年03月09日
  48. 雨降って…… ④2022年03月09日
  49. 雨降って…… ⑤2022年03月09日
  50. 雨降って…… ⑥2022年03月09日
  51. エピローグ

  52. エピローグ2022年03月09日
  53. おまけエピソード

  54. 初めてのバレンタイン♡ ①2022年03月09日
  55. 初めてのバレンタイン♡ ②2022年03月09日
  56. 初めてのバレンタイン♡ ③2022年03月09日
  57. おまけエピソード2 小川秘書の恋人

  58. 村上社長のため息2022年03月09日
  59. 候補者あらわる?2022年03月09日
  60. 永遠に叶わない恋……2022年03月09日
  61. 悲しい真相 前編2022年03月09日
  62. 悲しい真相 後編2022年03月09日

登場人物

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

トップシークレット☆ ~お嬢さま会長は新米秘書に初恋をささげる~

日暮ミミ♪  Higurashi33

執筆状況
完結
エピソード
55話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
純愛, お仕事ラブ, 初恋, 令嬢会長×新米秘書, 不器用男子, 財閥のお嬢さま, 格差恋愛, 年の差カップル, ゴールイン, 回想
総文字数
184,001文字
公開日
2021年09月07日 13:47
最終更新日
2022年03月26日 14:13
ファンレター数
0