一般小説作品詳細

混沌の庭

6|SF|連載中|28話|266,830文字

スチームパンク, ガンアクション, クトゥルフ神話, ダーク, ファンタジー, 復讐, ホラー, 異能力バトル, シリアス, 鬱展開, ヒューマンドラマ

1,782 views

 暦が新たに『星暦』と名を変えてから、二千年近くの時が流れた現代。

 災害と公害により生物は死に絶え、世界は既に滅んでいた。
 だがそれでも尚、人類は滅んでなどいなかった。

 巨大な壁により外部と隔絶された尖塔都市――ヒュペルボレオス。人類最後の砦であり国家である其処は、発達した蒸気機関技術によって常に光で満ち溢れ、人々は自由に空を飛ぶ術を手にしていた。
 そこでは全てが手に入り、あらゆる幸福を感受できるという。それはまさに楽園だった。
 されど楽園を運営する人工知能、『マニトゥ』は警告する。

「馬鹿だねぇ。楽園なんてものが、本当にあると思ったのかい?」

 これは、復讐と断罪の物語。
 然して心せよ―――青空を見てはならない。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

混沌の庭

瑞雨ねるね  unknown996

執筆状況
連載中
エピソード
28話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
スチームパンク, ガンアクション, クトゥルフ神話, ダーク, ファンタジー, 復讐, ホラー, 異能力バトル, シリアス, 鬱展開, ヒューマンドラマ
総文字数
266,830文字
公開日
2018年08月30日 22:07
最終更新日
2018年11月12日 21:53
コメント数
0

コメント一覧

コメントはありません

作者プロフ

瑞雨ねるね  unknown996

 これから毎日ニャル様を崇め奉ろうぜ?(マ)

この作者の他の作品

小説

 暦が新たに『星暦』と名を変えてから、二千年近くの時が流れた現代。  災害と公害により生物は死に絶え、世界は既に滅んでいた。  だがそれでも尚、人類は滅んでなどいなかった。...

6|SF|連載中|28話|266,830文字

2018年11月12日 21:53 更新

スチームパンク, ガンアクション, クトゥルフ神話, ダーク, ファンタジー, 復讐, ホラー, 異能力バトル, シリアス, 鬱展開, ヒューマンドラマ

TOP