ナハトムジーク~君におくる歌

作者

[学園・青春]

2

1,452

0件のファンレター

小夜曲。
それは親しい人、尊敬する人、愛する人に捧げる歌。
彼が捧げる「歌」は、オペラでもリュートの弾き語りでもないけれど。

誰もが何かを求めて手を伸ばし、細く頼りなげな糸にすがりつき、泣きながら手放し、さまよう。
過去と、今と、詠んだ「歌」が織りなす、幼く青くさくまっすぐな、
4人の想いが綴る恋愛小説。

登場人物

沖沢 千歳(おきさわ ちとせ)

高校2年。成績優秀。面倒見は良いが冷めている。大事なものが欠け落ちてしまってから世界の色彩が失われたと感じている。友人がいないわけではないが人とは距離を置き、女子高生らしいはなやかさとは無縁の日々。初恋を大切に抱え、想い続けている。

瀬野 譲(せの ゆずる)

高校2年。千歳に次いで学年2位の成績。顔が良い。儚げ系美少年と校内で有名人。微笑めば歓声が上がり、声を掛けられた女子からは悲鳴が上がる。しかし、千歳には好意を表し続けているが、のれんに腕押しで相手にされない。暗い過去を抱え続けている。

沖沢 万世(おきさわ かずせ)

中学2年。千歳の弟。千歳至上主義。さらさらの長い髪のために街中で女子に間違えられることもしばしば。大変なシスコンと悪友の栄介は評しているが、万世自身は千歳を姉だと思ったことは一度もなく、純粋に恋心を抱き続けている。

鷺野 鈴(さぎの すず)

万世と栄介が出会った、どこぞの学校の美術部員。大変なエリート校らしいが、本人はふわふわとしてとらえどころのない、幼くさえ見える少女。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

ナハトムジーク~君におくる歌

  harpsichord

執筆状況
連載中
エピソード
7話
種類
一般小説
ジャンル
学園・青春
タグ
恋愛, 高校生, 中学生, 一人称, 恋歌, 美術部
総文字数
18,789文字
公開日
2019年02月09日 10:27
最終更新日
2019年02月17日 00:11
ファンレター数
0