聖母妖魔伝

作者 架神恭介

[歴史]

54

22,061

0件のファンレター

マリアの処女、犯すべし――!

十六世紀に転生した聖処女マリアを追って、時代を超えて現れし異端、異教徒の呪われし七人。
巨大醜悪なる陰茎と恐るべき魔性技を備えしアナテマの七魔人たちが、マリアの処女を狙って襲い来る!
迎え撃つは教皇庁攻性異端審問官「鷲のクロフォード家」。
無垢なる処女マリアを守護し、バチカンへと護送せよ! マリアの処女膜が破られし時、神の御子の聖性は地に墜ち、歴史は改変され、この世は魔界へと変貌する――!

目次

連載中 全2話

2017年12月31日 18:46 更新

登場人物

架神恭介


日本人の作家。

友人の枢機卿に呼ばれてバチカンの機密文書館を訪れた際、そこでキリスト教2000年の歴史を覆す恐るべき秘史を目の当たりにし、本書の執筆を志す。

A.H.ゴンサレス


スペイン出身の枢機卿。

フンボルト大学神学部博士課程における架神恭介の同級生。

ある思惑により架神をバチカンへと招いた。

キアラ・クロフォード


クロフォード家長女。27歳。

得意武器は十字架だが、類まれなる戦闘力と信仰力を持ち、様々な聖武装を操る。

教皇への忠誠を誓った、冷徹な異端審問官。

(Photo by chauromano)

オリーヴィア・クロフォード


クロフォード家次女。23歳。

聖別されし青銅鎧に身を包んだ筋骨隆々たる信仰戦士。

破邪の大斧「エスピアツィオーネ」を操り、異端を骨ごと斬り捨てる。

だが、実は妹弟想いの心優しき戦士である。

(photo by See-ming Lee 李思明 SML)

ダリオ・クロフォード


クロフォード家長男。18歳。

得意武器は鞭だが、クロフォード家の中では最も信仰力が低く、鞭は破邪の力を持たない。

そのため両親や長女のキアラからは冷や飯を食わされている。

(photo by ƒe)

エメリア・クロフォード


クロフォード家三女。17歳。双子の姉。

得意武器は聖書。

行動的な性格で慈悲深く、地元では聖女と謳われている。

(photo by Lucas de Vries)

デメトリア・クロフォード


クロフォード家四女。17歳。双子の妹。

高い信仰力を持つが、戦闘力は低い。

年若きこともあり、一家の中ではやや精神的な脆さがある。

(photo by Lucas de Vries)

マルキオン


アナテマの七人の一人。160年頃没。

槍のように長大な陰茎を持ち、マリアの処女を狙う。

(photo by tibchris)

聖母マリア


ナザレの少女にして処女。15歳。

邪教、異端の徒の呪力により、紀元前の中東から1537年のヨーロッパへと時空間転移させられ、恐るべき魔人どもに処女を付け狙われる。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

聖母妖魔伝

架神恭介  cagami

執筆状況
連載中
エピソード
2話
種類
チャットノベル
ジャンル
歴史
タグ
キリスト教, 伝奇, バトル, 聖書ラノベ新人賞
総文字数
13,102文字
公開日
2017年09月14日 17:03
最終更新日
2017年12月31日 18:46
ファンレター数
0