人生代行サービス

家族関係や友人関係に悩みがある擦れた女子高生の赤城 和葉(かずは)はひょんなことから「株式会社 人生代行サービス 代表取締役」を名乗る初老の男に人生の代行を持ち掛けられる。
胡散臭く思いつつもしがらみから解放されるならと話に乗った結果、次の日から赤城 和葉の双子の妹の赤城 和咲(かずさ)として、自身のクローンと共同生活を送ることになる。
多少はしがらみから解放されたとはいえ、クローンの方が自分よりも周囲に打ち解けており、特にある理由から敬遠していたが同時に密かに想いを募らせてもいた加賀 裕利(ゆうり)とどんどん親密になることに強い憤りを覚える。
例の男に「代行を止めてほしい」と持ち掛けるも「あなたにはまだ代行が必要だ」と断られてしまう。
代行が必要な理由が無くなれば止めるとの条件をもとに、和咲、いや、和葉は元の生活を取り戻すために奮闘するのであった。