一般小説作品詳細

秘宝の護衛者

107|歴史|連載中|52話|162,988文字

最強剣士, くのいち, 忍者, 姫様, 秘宝, 強敵

6,763 views

喜連川藩の奥方氏姫は京から江戸へ戻る途中に襲われた。生き残ったのは氏姫とまだ少年の仙太郎。その二人を胡散臭い坊主、商人、薬売り、三人の忍び、そして稀代の剣士夢無源之丞が助けた。九人は敵を殲滅しつつ江戸を目指す。はたして無事江戸へたどり着くことが出来るだろうか。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

秘宝の護衛者

Maro  kazu0911

執筆状況
連載中
エピソード
52話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
最強剣士, くのいち, 忍者, 姫様, 秘宝, 強敵
総文字数
162,988文字
公開日
2019年07月14日 00:34
最終更新日
2019年10月18日 22:00
応援コメント数
4

応援コメント一覧

一度くらい

はい、如月最強です♪ 男を惑わす妖艶な美女……一度くらい、そんなキャラになってみたいものです(笑) 氏姫一行、藩相手に喧嘩とは恐れ入りました!

氏姫の秘密とは

本当に特別なお方は困ったちゃんです。コイツのおかげで隼人はえらい目に合う……。 この先、彼の素性と隼人との因縁が語られます。 世の中の火種にもなるうる氏姫の秘密とは……気になります! でも本人はあまり悲愴感ないですね(笑) 池鯉鮒の血戦(二)「兵庫助は石舟斎の長男、 |厳勝《とし かつ》の子である」 一箇所、ご確認ください。

無事に収まってよかった!

柊蘇芳……名前はカッコいいけど、実に困ったちゃんなキャラです。 登場人物紹介にアイコンを掲載しておきましたので、よかったら覗いてやってください。薔薇しょってます。 桑名の仇討ち、無事に収まってよかった! 氏姫一行が水戸黄門みたいに思えてきました(笑) あのド派手な着物を着た胡蝶さんの感想には爆笑しました~。ナイスです! あと細かい点ですが、(七)のところで「ゆうに一〇を数える時間が過ぎた」とありますが、時代劇だとこの表現はちょっとわかりにくいかな、と感じました。 いよいよ台 ... 続きを見る

あの着物は

「秘宝の護衛者」第四章 桑名の仇討(四)ですが、こちらにも、 「……その亀吉さんの長屋の右隣に太田市之進《おおた いちのしん》という用心棒が住んでいます」 とルビがうまく機能していない個所がありました。 確かに間を一字開けるとルビがうまくつかないようですね。サイトによっても違うのかな? おちゃめな為右衛門さんが買ったあのド派手な着物、果たして胡蝶さんがどんな反応を示すのか、気になります……(笑)

作者プロフ

Maro  kazu0911

この作者の他の作品

小説

107|歴史|連載中|52話|162,988文字

2019年10月18日 22:00 更新

最強剣士, くのいち, 忍者, 姫様, 秘宝, 強敵

喜連川藩の奥方氏姫は京から江戸へ戻る途中に襲われた。生き残ったのは氏姫とまだ少年の仙太郎。その二人を胡散臭い坊主、商人、薬売り、三人の忍び、そして稀代の剣士夢無源之丞が助けた。九人は敵を殲滅しつつ江戸を目指す。はたして無事江...

小説

38|歴史|完結|39話|166,590文字

2019年09月13日 07:36 更新

女剣士, 仇討ち, 秘剣, 最強, 江戸時代, 別れ

水戸藩の北、丁度獅子の背にチョコンと乗っている小鳥のような小さな方山藩。殿様は無類の剣術好き。毎年国許の手練を江戸へ呼び試合をさせている。この藩の、西野村で暮らす郷士の三木惣介は作事方の仕事をしながら紙漉きをして暮らしている...

小説

40|歴史|完結|7話|35,802文字

2019年07月20日 22:00 更新

幕末, 女柔術家, 青年, 悲恋

幕末の動乱の中を生き抜いた柔術家の娘と支えた青年の物語。...

TOP