まほろばの王子《みこ》

[ファンタジー]

0

3,842

0件のファンレター

 はるか昔、やまとの大王には、誰にも愛される王子がいた。
 美しく奔放な、その名を、小鷹《おだか》という。

 これは、ひとりのたぐいまれなる少年に運命を狂わされた、女と男の物語。

  ------------------------------------------------

もともとは、私がまだ学生だった30年近く前に、当時の友人と合作漫画として発表したものです。
基本の設定だけを残し、何度も何度も改稿して、しかし発表の場もないままPCのハードディスク内に眠っていましたが、このまま死蔵されるよりはと思い投稿します。一応色気を出して【リデビュー小説賞】のタグもつけておきますが、読者の方がひとりでも読んで気に入っていただければ幸いです。
 

登場人物

小鷹王子(おだかのみこ)

やまとの大王の末王子。17歳(数え年)。美貌で素直な性格で、誰からも愛されるが、政治には興味がなく、自分の気の向くままに暮らしている。

告茱姫(つぐみのひめ)

首都の南に小さな領地を持つ豪族の娘。17歳(数え年)。幼いころから巫女として育てられたので、世の中のことをなにもしらない。

雄隼王子(おばやのみこ)

大王の長子。小鷹とは同母兄弟。25歳(数え年)。誰からも尊重される立派な日継王子(皇太子)だったが、なぜか小鷹に異様な嫉妬心を燃やす。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

まほろばの王子《みこ》

松田 朱夏  shuka_matta

執筆状況
完結
エピソード
10話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
和風, ファンタジー, 【リデビュー小説賞】, 古墳時代, 恋愛
総文字数
89,578文字
公開日
2018年11月20日 18:58
最終更新日
2018年11月27日 11:34
ファンレター数
0