【石川編】今岡英二の「食べ歩き万歳!」

作者 今岡英二

[その他]

55

3,585

2件のファンレター

舞台は石川県……というわけで、日本全国食べ歩きをしている作者が、無謀にも、おなじみのコーナー『今岡英二の「食べ歩き万歳!』の「石川編」を書き下ろした!


むろんこの作品に対して、「そもそも広島弁で石川県をアピールってどうなのよ?」とか「コンテストなんだから、いつもみたいにぶった切らずに、もうちょっと忖度ぐらいしろ!」とか、果ては「エッセイっていうか、これ、ただのコントだよね?」など、いろいろと耳の痛いご意見があるのは重々承知ながらも、あえて我を貫き通した作者。

「広島人が石川県を旅行して、思うたところをつづっとるんじゃけえ、えかろうて。これはこれで『真の旅行記』よ」とは、作者の弁である。

登場人物

■今岡英二(天使)


最近「小説のキャラよりキャラが立っている」といわれる、同コラボノベルの作者。

無駄に行動力だけはある。


なお、石川で食べたもので一番のお好みだったのは、近江町市場の「市場海鮮丼」。

■今岡英二(悪魔)


悪魔イラストの割りに、天使と対立しているわけでもない。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファン。


なお、石川で食べたもので一番のお好みだったのは、「ハントンライス」

■今岡英二(お守り)


歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


なお、石川で食べたもので一番のお好みだったのは、「8番らーめん」

ニコル・クロムウェル(Nicol=Cromwell)


「Dr.ニコルの検死FILE」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役A。紳士然とした丁寧な語り口だが、作者に対してはたまに辛辣な物言いを吐く。


なお、石川で食べたもので一番のお好みだったのは、「金箔のかがやきソフトクリーム」

武松(ぶしょう)


「大宋退魔伝」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役B。そろそろ「左近ちゃん 見参!」の三成にでもつっこみ役を代わってもらいたいと思っているが、同作のキャラアイコンが家紋なので却下され、最近やさぐれ気味。


なお、石川で食べたもので一番のお好みだったのは、「のどぐろの煮付け」

石田三成(いしだ・みつなり)


「左近ちゃん 見参!」の主人公。

同作ではいいツッコミ役を果たしていたが、作者の「キャラアイコンにしっくりくるのがなかったけえ、家紋にした」という一言のせいで、ここでは活躍の場を与えられないという憂き目に遭う……っていうか、本作ではまったく登場すらしていない。


なお、石川で食べたもので一番のお好みだったのは、「柿の葉寿司」

ファンレター

楽しんでもらえてなによりです!

わしは上京してからずいぶん経ちますが、一向に広島弁が抜けんので、ここではその素のままで書いとります。ま、飾らんそのままの作品を楽しんでもらえりゃあ、作者としてこの上ない喜びですな!

草、広島弁?

やりとりが面白い、草。

小説情報

【石川編】今岡英二の「食べ歩き万歳!」

今岡英二  eijivocal23

執筆状況
完結
エピソード
2話
種類
チャットノベル
ジャンル
その他
タグ
【いしかわデイズ】, 食レポ, 食通, グルメ, 食べ歩き, コント, 美食, 金沢, 石川県, 忖度知らず
総文字数
4,968文字
公開日
2019年10月11日 00:14
最終更新日
2019年10月13日 21:46
ファンレター数
2